このページの本文へ

ドコモも早くも学割開始! 22歳以下にずっと1000円引き、最初の6ヵ月は最大2500円引き

2020年10月29日 15時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 年々早くなる学割の開始時期。今年はiPhoneの発売に合わせて、au/ソフトバンクがすでにスタートしているが、ドコモもそれに続く。NTTドコモは29日、22歳以下のユーザーのユーザーを対象にした「ドコモのロング学割」を10月30日に開始すると発表した(2021年5月末まで、適用は12月1日から)。

 今回の対象は申し込み時点で22歳以下で、ドコモに新規契約、契約変更、機種変更をしたユーザーとなる。対象プランは5G向けの「5Gギガホ」「5Gギガライト」、4G向けの「ギガホ」「ギガライト」。

 23歳になるまでは「5Gギガホ」「ギガホ」が月1000円、「5Gギガライト」「ギガライト」が月500円がずっと割引になるほか、期間限定特典として、最初の6ヵ月については「5Gギガホ」は月2500円、「ギガホ」は月2080円、「5Gギガライト」「ギガライト」は月500円をプラスして割り引き。これにより、「dカードお支払い割」「ドコモ光セット割」に家族で3回線以上の契約が加わることで、使い放題プランが月980円から利用可能であるとしている。

 また、段階制の「5Gギガライト」「ギガライト」については、同じく23歳になるまで月2GBの通信量をプラス。最も安価な料金でも月3GBの通信量が利用できるとしている(12月下旬適用予定)。

 なお、これに合わせて15歳以下に提供している「U15 はじめてスマホ割」は10月29日をもって新規受付を終了する。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン