このページの本文へ

サンディスクが「エクストリームプロ ポータブル SSD」刷新、最大2GB/秒の読み書き対応

2020年10月28日 13時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サンディスクがポータブルSSDの新製品

 ウエスタンデジタルは10月27日、サンディスクブランドのポータブル SSDの製品群を刷新し、新製品を発売すると発表した。

 従来モデル比でおよそ2倍の転送速度を実現。高解像度、大容量コンテンツへの需要にこたえる製品とする。シリーズは「サンディスク エクストリームプロ ポータブル SSD」「サンディスク エクストリーム ポータブル SSD」「サンディスク ポータブル SSD」の3種類。以下にそれぞれの特徴を説明する。

サンディスク エクストリームプロ ポータブル SSD

 NVMe。公称で最大2000MB/秒の、読出し/書込み速度を実現。鍛造のアルミニウム製シャーシを採用。シャーシはヒートシンクとして機能する。

 また、最大2メートルの落下に耐える耐衝撃性能と、IP55等級の防塵・防水機能を備える。アルミニウム製シャーシとシリコンシェルを組み合わせ、高級感と堅牢製を両立したデザインも特徴。

 USB Type-C対応のスマートフォンとの接続に対応している。パスワード保護機能と、256bitのAESハードウェア暗号化へのアップグレードに対応する。

 容量は2TB、1TBの2種類。価格はオープンプライスで、11月発売。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSD

 NVMe。最大1050MB/秒の読出し速度と、最大1000MB/秒の書き込み速度を実現。最大2メートルの落下に耐える耐衝撃性能と、IP55等級の防塵・防水機能を備える。

 USB Type-C対応のスマートフォンとの接続に対応している。パスワード保護機能と、256bitのAESハードウェア暗号化へのアップグレードに対応する。

 容量は2TB、1TB、500GBの3種類。価格はオープンプライスで、12月発売。

サンディスク ポータブル SSD

 最大520MB/秒の読出しに対応。最大2メートルの落下に耐える耐衝撃性能を備える。ラバーフックを備え、ベルトループやバックパックに取り付けて利用できる。セキュリティーソフト「SecureAccess」でのコンテンツ保護に対応している。

 容量は2TB、1TB、480GBの3種類。価格はオープンプライスで、12月発売。

 価格はオープンプライス。サンディスク エクストリームプロ、サンディスク エクストリーム ポータブル SSDは、5年間の限定保証付き、サンディスク ポータブル SSDは3年間の限定保証付き。

米ウエスタンデジタルのマーケティングディレクター Brian Pridgeon氏

 新製品の発表にあたって、米ウエスタンデジタルのマーケティングディレクター Brian Pridgeon氏は、「私も高品質のコンテンツを取り扱う、消費者の1人でもあります。高品質のコンテンツとは、4Kの映像や今後のメインストリームになる8K映像、高精細な写真といったコンテンツを指します。

 今回の製品では、これらを取り扱う次世代のSSDとして、3つの挑戦をしています。大容量コンテンツを扱うための、より多くのストレージ容量、高速なメモリーアクセス、貴重なコンテンツの保存です。私たちの30年間のストレージ開発経験による、高い信頼性や堅牢性がそれを実現しています」と話した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン