このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

シャープマスク販売開始から半年、出荷数は1億枚へ、引き続き100倍超す高倍率

2020年10月28日 11時10分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープが、同社製マスクの第1回抽選販売を2020年4月28日に開始してから、ちょうど今日で半年を経過した。そして、それ以来の累計販売枚数が、まもなく200万箱(1箱50枚入り)、1億枚に到達しそうだという。

 シャープのマスクは、毎週水曜日に抽選が行われており、10月28日の抽選で、27回目の抽選を迎えた。9月23日に行われた22回目の抽選からは、新たな小さめマスクを追加しており、26回目までの応募総数は、ふつうサイズが906万1247人、小さめサイズが18万4085人となっている。

 当選すると登録したメールアドレスに通知が届き、同社直販サイト「COCORO STORE」で手続きをすれば、購入することができる。

 一度、応募をすると、当選しても、当選しなくても、次回の抽選対象となるため、半年前に応募した人のなかには、すでに応募したことを忘れて人がいるかもしれない。もし、当選しても、現在は不要だという場合には、そのまま放置しておけばいい。

シャープ マスク抽選販売サイト

 現在、ふつうサイズは毎週8万7000箱、小さめサイズは毎週1万箱が用意されているが、すべての応募者を対象に抽選を行っているため、ふつうサイズでは、引き続き、104倍という高い当選倍率になっている。そして、いまでも毎週2万人以上が新規に申し込みをしている状況が続く人気ぶりだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン