このページの本文へ

日欧の水星探査機、金星フライバイで最新画像を多数撮影

2020年10月20日 13時10分更新

文● Neel V. Patel

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

欧州宇宙機関と宇宙航空研究開発機構が共同で実施している水星探査ミッション「ベピ・コロンボ」は10月15日に金星での初のフライバイを実施した。フライバイの際には分光観測装置を用いて多数のスペクトル画像を撮影しており、金星大気の謎を解明するのに役立つかもしれない。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ