このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第227回

山根博士のグロスマレビュー

折りたたみの進化を検証! 「Galaxy Z Fold2」を初代Galaxy Foldと比較した

2020年10月03日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

折りたたみスマホの新旧モデルを比較
ディスプレーの大型化がわかりやすい変化

 サムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold2」は初代モデルの「Galaxy Fold」とどう変わったのか。2機種の外観を比較してみた。なお、今回比較したのはGalaxy Foldがau版、Galaxy Z Fold2はグローバル版だ。

Galaxy Fold(右)とGalaxy Z Fold2(左)

 閉じればスマートフォン、開けば7型クラスのタブレットとなるGalaxy Fold。閉じたときのデザインは両者で大きく異なる。閉じたときのサイズはGalaxy Foldが62.9×160.9×15.5mm、Galaxy Z Fold2が68×159.2×16.8mm。縦方向に5.1mm大きくなったがその差はあまり感じられない。

 一方、ディスプレーはGalaxy Foldの4.6型からGalaxy Z Fold2では6.23型と大型化しており、その使い勝手は大きく改善されている。Galaxy Foldはディスプレーサイズがスマートフォンとしては小さいサイズであったことから「サブディスプレー」として使うのに適していた。Galaxy Z Fold2では6.23型、アスペクト比は25:9もあるためSNSのタイムラインも見やすく、上下に分割して2つのアプリを表示することも苦にならない。閉じたままでもスマートフォンとしてフルに使えるのがGalaxy Z Fold2の大きな進化点だ。

 さらにGalaxy Z Fold2はディスプレーを好きな角度に曲げることができる。Galaxy Foldは開くか閉じるかの2つのスタイルでしか使えなかった。Galaxy Z Fold2は机の上に置いて開いて使うこともできるわけだ。

ディスプレーを任意の角度で開いて使えるGalaxy Z Fold2

 本体の仕上げも大きく変わった。Galaxy Foldは光沢感あふれる仕上げが美しかったものの、指紋がつきやすく傷も心配になるものだった。Galaxy Z Fold2は艶消しのマット仕上げ、さらにはブロンズカラーが落ち着いた印象を与えてくれる。そして指先で触れても指紋がほとんどつかない。大人向けのデジタルツール、といった印象を与えてくれる。

Galaxy Fold(右)とGalaxy Z Fold2(左)の背面の比較

 ちなみにこのブロンズ仕上げは「Galaxy Note20 Ultra」などと同じもの。2020年秋冬モデルの製品は「Galaxy Buds Live」なども含め、ブロンズカラーを標準色(プロモーションカラー)としている。

ブロンズ仕上げのGalaxy Note20 Ultra(左)とGalaxy Z Fold2(右)

 さて本体を開くとその印象も大きく異なる。Galaxy Foldのサイズは160.9×117.9×6.9mm、Galaxy Z Fold2は159.2×128.2×6.9mmだ。ディスプレーはそれぞれ7.3型と7.6型の違いがあるが、Galaxy Z Fold2はフロントカメラのノッチがなくなり、パンチホールとなった。そのためディスプレーの有効面積が大幅に増えており、開いた時の使い勝手はかなり快適だ。

Galaxy Fold(右)とGalaxy Z Fold2(左)を開いたところ

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン