このページの本文へ

88の金融機関とAPI連携済み

弥生、口座連携機能の対象金融機関とAPI契約を完了

2020年10月01日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 弥生は10月1日、弥生の口座連携機能で連携している全ての金融機関とのAPI契約を完了したと発表した。

 弥生の口座連携機能は、銀行明細(法人口座/個人口座)やクレジットカード、電子マネーなどの取引データを、クラウド上で仕訳データに自動で変換し、利用中の弥生会計ラインアップの各製品に取り込む機能。口座連携機能は、Windows対応のインストール版と、Windows/Mac対応のクラウド版がある。

 2018年の銀行法等改正により、金融機関の口座情報を取得する事業者は、電子決済等代行業者として2020年9月末までに金融機関とAPI契約を締結することが義務付けられた。これに伴い弥生は、金融機関とのAPI契約を行い、従来のスクレイピング連携から、金融機関の預金残高や取引明細を正確かつ安全に取得できるAPI連携への切り替えを進めてきた。

 現在、88の金融機関とAPI連携が完了しており、これは弥生会計ラインアップの口座連携機能を利用中のユーザーが登録している口座のおよそ90%に当たるという。残り50の金融機関に関しては、順次API連携を進めていくとしている。API連携が開始するまでの間、従来のスクレイピング接続による口座連携を利用できる。

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新