このページの本文へ

弥生、会計事務所の記帳代行業務を効率化する「記帳代行支援サービス」開始

2020年09月28日 13時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 弥生は9月28日、会計事務所の記帳代行業務を支援するサービス「記帳代行支援サービス」を開始したと発表。利用には、弥生の会計事務所向けパートナープログラム(弥生PAP)への入会が必要となる。

 これまで、会計事務所が顧問先の会計帳簿を作成するためには、預かった紙証憑を日付や種類ごとに整理して、手動で会計ソフトへ入力する必要があった。

 記帳代行支援サービスは、会計事務所の記帳代行業務を効率化を目的としたもの。会計事務所は紙証憑をスキャンしてアップロードをするだけで、会計機能を搭載する弥生PAP会員専用ソフト「弥生会計 AE」に、データ化された証憑を自動仕訳された状態で取り込めるようになる。また、弥生会計 AEの画面上で証憑データと自動仕訳の結果を同時に目視できるため、効率的に仕訳の確認と修正が可能になるとしている。

 領収書や預金通帳などにも対応し、99.9%(オペレーター2名による入力と第三者によるクロスチェックから導かれる理論値)の精度でデータ化が可能。会計帳簿作成に必要な証憑の受領から入力、確認や修正までの業務全体の効率化を実現するとうたう。

 利用プランは無料体験プランと有償プランを用意。なお、本サービスの利用には1顧問先ごとに1ライセンスが必要で、11顧問先以上を利用する場合には追加ライセンスが発生する。

 無料体験プランの契約期間は最大3ヵ月で、基本料金は0円(5ライセンスを含む)。ライセンスは追加不可で、証憑データ化料金は0円(明細数の制限なし)。

 有償プランは、契約期間が1ヵ月(自動更新)。基本料金は月額1万1000円(10ライセンスを含む)。1ライセンスの追加料金が550円~990円で、証憑データ化料金は1明細あたり20円。決済方法はクレジットカードか口座振替となる。

 また、有償プランの契約者を対象に、証憑データ化料金を1顧問先あたり最大1000円値引きする「記帳代行効率化キャンペーン」も実施する。期間は10月1日から2021年9月30日まで。

 労働人口減少による人手不足は、税理士資格取得者の減少と重なり、特に会計事務所業界において深刻化しているという。一方で、会計事務所に求められる役割は、会計や税務にとどまらず、顧問先に寄り添った経営支援の重要性が増している。会計事務所は本サービスを利用することで作業負担を減らし、顧問先への付加価値の提供や、新規顧問先開拓などに注力できるようになるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新