このページの本文へ

平均点がとても高い1台、フルHDならほとんどのゲームタイトルが快適

ノートPCで価格を抑えてガッツリゲームしたい人は要注目のLEVEL∞144Hz液晶&RTX 2060搭載「LEVEL-15FXR21-i7-ROXX」

2020年10月23日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

たまに持ち運ぶ程度であれば問題なしなサイズと重量

ある程度薄く排熱にも配慮された筐体

 LEVEL-15FXR21-i7-ROXXは、サイズがおよそ幅364×奥行258×高さ34.2mmで、重さは約2.26kg。最近だと2kgを切るゲーミングノートもあるので、すごく軽いとはいえないが、そこそこ薄くて軽量だ。

 モバイルマシンとしては運用しづらいが、自宅でゲームやテレワークに使って、友人宅でゲームをしたり、会社で作業したりするために、たまに持ち運ぶ程度であれば十分可能。可能であれば、15.6型ノートが入るリュックなどを用意すると、より持ち運びやすくなる。試しに自分のリュックに入れてみたが、すっぽりと入り、ACアダプターを入れる余裕もあった。

 筐体は、LEVEL∞をしっている人であればお馴染みのデザイン。ブラックを基調とし、背面にLEVE∞のロゴがあるのみと、とてもシンプルなデザインになっている。薄型のボディーや狭額ベゼルが相まって、スタンダードなノートパソコンとしてもあつかいやすいデザインになっている。

LEVEL∞お馴染みの、とてもシンプルなデザイン

 ゲーミングパソコンらしさを出したければ、「Control Center 3.0」を利用してキーボードバックライトの色を好みの色に変更するといいだろう。もちろん、バックライトをオフにすることも可能だ。

バックライトの色は「Control Center 3.0」で変更可能、オフにしたり、明るさを調整することも可能だ

144Hzのリフレッシュレートで快適ゲームプレイ、目が疲れにくいノングレアを採用

3辺狭額ベゼルでスタイリッシュな印象にも一役買っているディスプレー

 ディスプレーの解像度は、1920×1080ドット。先述したとおり144Hzのリフレッシュレートに対応しており、FPSなどをプレイする人にとってはうれしいポイントだろう。また、HDMI端子とmini DisplayPortを備えているので、別途ディスプレーを用意すれば大画面でのゲームプレイも可能だ。

 なお、パネルはノングレアを採用しているため、映り込みが少なく目が疲れにくいのも特徴。私のようにパソコンで仕事をして、そのままゲームプレイに興じるような、長時間画面を観続ける人にとっては、ノングレアなのは意外に重要だ。

キーボードは結構スタンダードな配列&サイズ

 キーボードは、アイソレーションタイプ。テンキーも付いているので、仕事で数字入力を頻繁に行なう人だったり、MMORPGなどでスキルを割り当てる人にとっては、テンキーがあるのはうれしいポイントだろう。また、FPSで使う左側のキーや、文章入力で使うエンタ、シフト、スペースなどのキーのサイズもしっかりと確保されている。

 ハイエンドなノートパソコンにありがちなメカニカルなどは採用していないものの、実際にタイピングしてみると押下感はしっかりとあり、たわみもまったく感じない打鍵しやすいキーボードだと感じた。

 インターフェースは、右側にSD(HC/XC)/MMC対応カードリーダー、miniDisplayPort、USB 3.1(Type-A)、左側にUSB 3.1(Type-A)、USB 2.0、マイク入力端子、ヘッドフォン端子、背面に電源端子、有線LAN端子、HDMI出力端子、USB 3.1(Type-C)を配置している。

右側にSD(HC/XC)/MMC対応カードリーダー、miniDisplayPort、USB 3.1(Type-A)を配置

左側にUSB 3.1(Type-A)、USB 2.0、マイク入力端子、ヘッドフォン端子がある

背面に電源端子、有線LAN端子、HDMI出力端子、USB 3.1(Type-C)を搭載

 有線のゲーミングマウスやヘッドセットを使う場合、右側にヘッドフォン/マイク端子があると、ケーブルが絡まって操作ミスが起こる可能性がある。これを考えると、ヘッドフォン/マイク端子が左側に配置されているのはうれしい。また、HDMIや有線LANは背面にあるので、こちらもマウスのケーブルと絡まることはない。

 また、背面にあるUSB 3.1(Type-C)は、Display Port出力にも対応。このUSB Type-CとHDMI出力は、本機に搭載されているGeForce RTX 2060に直接差せるため、VRヘッドマウントディスプレーなどは、こちらに接続するといいだろう。

 そのほか、LEVEL-15FXR21-i7-ROXXには、 「Sound Blaster Cinema 6」がプリインストールされており、「ゲーム」「ムービー」「ミュージック」「ストリーミング」のプリセットの中から選択できる。加えて、それぞれイコライザーを使って好みにカスタマイズすることも可能だ。

「Sound Blaster Cinema 6」

イコライザーを使って好みにカスタマイズすることも可能

 とくに、本機のサラウンド性能は高く、臨場感のある音でゲームや映画が楽しめる。プリセットのストリーミングを選択すると、サラウンド効果が切れるので、一度聴き比べてみるといいだろう。

 そのほか、「Control Center 3.0」もプリインストールされており、場所や用途に合わせてファン回転数やパワーモードが選択可能だ。例えば、普段使いのときや持ち運んで使うときは、静音もしくは省電力、ゲームプレイなど負荷が高めのコンテンツをあつかう場合はエンターテイメントもしくはパフォーマンスモードを使用するといい。

 ファン回転数は、自動/最大/カスタムに変更可能。最大にするとファン駆動音はかなり大きくなるが、その分冷える。こちらは、自分の好みでカスタマイズするといいだろう。

用途や場所に合わせてパワーモードが選択可能

ファン回転数も変更できる

カテゴリートップへ