このページの本文へ

今冬のAQUOSの目玉は、ヌルヌルが高評価の240Hz駆動有機EL搭載「AQUOS zero5G basic」

2020年09月11日 10時00分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミドルクラスの「AQUOS sense」シリーズを始め、4機種のAQUOS新モデルを発表したシャープ。本記事では、スペック的には最上位となる「AQUOS zero5G basic」を紹介する。

カラバリはブラック、ホワイト、ブルーの3色を用意

 最近のAQUOSのハイスペック機は、春モデルのフラグシップ「AQUOS R」シリーズ、冬モデルで有機ELや軽量が特徴の「AQUOS zero」シリーズの2本立てで提供されている。

 今秋以降発売予定とされているAQUOS zero5G basicは、5G対応ながら、CPUはSnapdragon 765 5Gと純粋なハイエンドクラスではない。一方で、ディスプレーには前年モデルに搭載され、そのスムーズな表示に評価が非常に高かった、毎秒120回の描写と黒画面挿入によるリフレッシュレート240Hzに対応した6.4型有機ELパネルを再び採用している。

240Hz駆動の有機ELパネルが魅力の「AQUOS zero5G basic」

 そのほかのスペックも高く、メモリー/ストレージは6GB/64GBまたは8GB/128GB。カメラは約4800万画素センサーをメインに、超広角の約1310万画素、光学3倍の約800万画素の3眼構成。もちろん、防水・防塵、おサイフケータイにも対応している。

 昨年のAQUOS zero2は3キャリアから発売された後に、SIMフリー版も登場したが、今年はどうなるか。価格面を含めて、注目の1台と言える。

シャープ「AQUOS zero5G basic」の主なスペック
ディスプレー 6.4型有機EL(19.5:9)
画面解像度 1080×2360
サイズ 約75×161×9mm
重量 約182g
CPU Snapdragon 765 5G
2.3GHz+1.7GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 6/8GB
内蔵ストレージ 64/128GB
OS Android 10
無線LAN IEEE802.11ac
カメラ アウト:約4800万画素
+約1310万画素(超広角)
+約800万画素(光学3倍)
> /イン:約1630万画素
バッテリー容量 4050mAh
FeliCa/NFC ○/○
防水/防塵 ○/○(IPX5,8/IP6X)
生体認証 ○(画面内指紋、顔)
カラバリ ブラック、ホワイト、ブルー
発売時期 秋以降
 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン