このページの本文へ

アスキー的パソコン大解剖 ― 第94回

Ryzen PRO 4000Gシリーズで自作するゲーミングPC-倶楽部情報局

2020年09月07日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「Ryzen PRO 4000Gシリーズで自作するゲーミングPC」を紹介します。


 グラフィック機能を内蔵したAMDのプロセッサー「Ryzen PRO 4000G」シリーズは、自作市場向けに3つの製品が投入されており、すでに販売されている。

開発コード“Renoir”こと「Ryzen PRO 4000G」シリーズ。バルク品扱いのため、外箱とCPUクーラーはない

 内蔵グラフィックと聞くと貧弱な印象が先行しがちだが、既報の通り、Ryzen PRO 4000Gシリーズはいずれも軽いゲームが遊べる性能だ。ヘヴィな3Dグラフィックスのゲームよりは、Steamなどで多い軽いゲームや2Dベースのゲームが多いのであれば、ほどよい。そこで今回は予算別の構成を眺めつつ、同シリーズの可能性を見ていこう。

Ryzen PRO 4000Gシリーズの外観は、既存のRyzenシリーズとほとんど変わらない。製品名の型番にPROが付いている以外特別な部分はない

裏面のピン配置も共通だ。ただ中央のピンのない部分に走っているパターンは、現行のRyzenシリーズと明確に異なる(Ryzen 3000シリーズは縦一直線に走る)

 Ryzen PRO 4000GシリーズにはRyzen 7 PRO 4750G、Ryzen 5 PRO 4650G、Ryzen 3 PRO 4350Gの3種がある。もっとも人気となっているのは価格帯的にもほどよく、6コア12スレッドでもあるRyzen 5 PRO 4650Gだ。スペック表を見ても、ちょうどいい感じの立ち位置になっている。

6
Ryzen 3000XシリーズとRyzen PRO 4000Gシリーズのスペック
モデルナンバー Ryzen 7 3700X Ryzen 7 PRO 4750G Ryzen 5 3600X Ryzen 5 PRO 4650G Ryzen 3 3300X Ryzen 3 PRO 4350G
アーキテクチャー Zen2 Zen2 Zen2 Zen2 Zen2 Zen2
製造プロセス 7nm 7nm 7nm 7nm 7nm 7nm
コア/スレッド 8/16 8/16 6/12 6/12 4/8 4/8
ベースクロック 3.6GHz 3.6GHz 3.8GHz 3.8GHz 3.8GHz 3.8GHz
ブーストクロック 4.4GHz 4.4GHz 4.4GHz 4.3GHz 4.3GHz 4GHz
L2キャッシュ 4MB 4MB 3MB 3MB 2MB 2MB
L3キャッシュ 32MB 8MB 32MB 8MB 16MB 4MB
対応メモリー DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200
GPU Radeon Graphics 8 Radeon Graphics 7 Radeon Graphics 6
GPU動作クロック 2100MHz 1900MHz 1700MHz
GPU SP数 512基 448基 384基
TDP 65W 65W 95W 65W 65W 65W
実売価格(税込) 3万9600円前後 4万3978円 2万9700円前後 2万9678円 1万8800円前後 2万1978円

 Ryzen 5 PRO 4650GとRyzen 5 3600Xを比べてみると、ほとんど同じなのだが、動作周波数やL3キャッシュ量の違いのほか、Ryzen 5 PRO 4650GはPCI Express Gen3までの対応となっている。これはRyzen 3 PRO 4350GとRyzen 7 PRO 4750Gも同様だ。

 そのため、同時にビデオカードを用意するなら、内蔵グラフィック非搭載の第3世代Ryzen CPUにGOとなる。ただ前述の通りRyzen PRO 4000Gシリーズは、CPUだけの性能を見ても十分に高いため、将来的にビデオカードを増設する場合や、低予算ながら十分にゲームを遊べる環境を作りたい人に適している。

 ある程度のゲーミングに耐える=ビジネスシーンにも強いため、テレワーク専用機をなるべくローコストで用意したい人にも向く。ビデオカードを必要としないぶん、小型ケースを選びやすいのも有力な要素だ。

※お詫びと訂正:表内におけるRyzen 5 PRO 4650Gのスペックに一部誤りがありました。記事を訂正してお詫びします。(2020年11月2日)

フルHDでの快適なプレイにはやや遠いが
1366×768ドットであればとても快適

 本稿では、3製品あるRyzen PRO 4000Gシリーズのちょうど真ん中にあたるRyzen 5 PRO 4650Gを軸に性能をチェックしていく。なおグラフィックドライバーはAdrenalin 2020 Edition 20.8.2 Optional、チップセットドライバーは2.07.14.327でテストしている。

テスト環境
CPU AMD「Ryzen 5 PRO 4650G」
(4コア/8スレッド、3.8~4.3GHz)
CPUクーラー サイズ「虎徹 Mark II」
マザーボード GIGABYTE「B550I AORUS PRO AX」
(B550、Mini-ITX)
メモリー GIGABYTE「GA-AR36C18S8K2HU416RD」
(DDR-3600、8GB×2)
SSD Crucial「CT1000P1SSD8」(NVMe、1TB)
電源ユニット Silver Stone「SST-ST45SF」(SFX、450W)
OS Windows 10 Home(64bit)

 続きは「Ryzen PRO 4000Gシリーズで自作するゲーミングPC」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1333(2021年5月4日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1332(2021年4月27日発行)

  • 週刊アスキー No.1331(2021年4月20日発行)

  • 週刊アスキー No.1330(2021年4月13日発行)

  • 週刊アスキー No.1329(2021年4月6日発行)

  • 週刊アスキー No.1328(2021年3月30日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事