送り状名人、倉庫管理システム「COOOLa」と連携。検品ラインでの送り状発行が可能に

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユーザックシステムは9月2日、物流・流通ソリューションのブライセンとの業務提携を発表。ユーザックシステムの送り状発行システム「送り状名人」と、ブライセンのクラウド型倉庫管理システム「COOOLa(クーラ)」の連携機能を提供する。

 連携により、運送会社ごとの専用システムを統合し、最終梱包時の検品ラインで送り状を発行することが可能になる。わずわしい納品書と送り状との名寄せ作業を大幅に削減できるとする。

 また、送り状の貼り間違いを防ぎ、個人情報の漏洩を未然に防止できるのもメリット。EC事業者や物流倉庫を持つ企業、物流会社などで、物流管理システムと送り状発行などの出荷システムを別々に導入している環境で使えば、物流管理システムと送り状発行が一元化できる。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
11月