このページの本文へ

ラック、「サイバー救急センターレポート 第9号」を公開

2020年09月04日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2020年1月~6月のインシデント傾向

 ラックは9月4日、2020年上期(1~6月)の国内における情報漏えい事故や不正アクセス、サイバー攻撃被害などの実例をまとめた「サイバー救急センターレポート 第9号」を公開した。

 サイバー救急センターが相談を受けて対応している、コンピューターやネットワーク上で発生するセキュリティー上の何らかの問題への対応(インシデントレスポンス)や、デジタルデータの収集・分析(フォレンジック)調査の結果に基づき、直前の半期のインシデント傾向や対応方法のアドバイスについてまとめたレポート。

2020年上期に観測されたエクスプロイトキットの内訳

 主に、組織でシステム上のセキュリティートラブルを対応するCSIRT(Computer Security Incident Response Team)担当者やインシデント対応している方に向けて、インシデントの発生状況や脅威情報を紹介し、日々のインシデント対応に役立つ内容となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ