このページの本文へ

最大転送1700MB/秒! 連射もおまかせなCFexpress Type Bの高速メモリーカード

2020年09月03日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CFexpress Type Bに対応する高速メモリカード「CFexpress 820」シリーズがトランセンドから発売。テクノハウス東映と東映ランドにて販売中だ。価格は、256GBモデルが3万8800円、512GBモデルが5万8800円。

最大転送1700MB/秒に対応する、CFexpress Type B規格のメモリーカード。一部XQDカメラもファームアップで使用できる

 デジタル一眼レフカメラの高速連写に耐える転送速度を備えた、CFexpress Type B規格に対応する高速メモリーカード。今回は256GBの「TS256GCFE820」と512GBモデル「TS512GCFE820」が店頭に入荷した。

 バスインターフェースはPCI-Express3.0(x2)、NVMe 1.3をサポートし、3D NANDフラッシュを採用。転送速度は256GBモデルが最大読込1700MB/秒、最大書込1300MB/秒。512GBモデルが最大読込1700MB/秒、最大書込1000MB/秒となっている。

 なお、CFexpressはXQDカードと互換性があるため、CFexpressを有効化するファームウェアを備えた特定のXQDカメラでも使用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン