このページの本文へ

アプリと連動してコンテンツを制作できる機能を搭載

DJI、スマホ用スタビライザー「DJI OM 4」 高機能アタッチメントを採用

2020年08月27日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマートフォン用スタビライザー「DJI OM 4」

 DJI JAPANは8月27日、スマートフォン用スタビライザー「DJI OM 4」を発表した。価格は1万6500円。

付属の三脚を使用した状態

 「Osmo Mobile」シリーズの後継機種にあたる本製品は、名称もDJI OM 4とし、ブランドをリニューアル。磁石を使用してすぐに取り外しのできる高機能なアタッチメント、直感的に操作できる設計、強力なモーター、刷新された3軸スタビライザー技術、携帯性の高い折りたたみ式のデザイン、クリエイティブ撮影モードといった特徴を備える。バッテリー駆動時間はおよそ15時間で、モバイルバッテリーとして他のデバイスを充電することもできる。スマートフォンとの接続方法はBluetooth 5.0。

左から磁気スマートフォンクランプ、磁気リングホルダー

 独自の高度磁気アタッチメント設計を採用し、スマートフォンの取り付けやバランス調整がこれまで以上に容易になったという。すばやく簡単にスマートフォンを着脱する方法として2種類のアタッチメントが付属し、用途に合わせて選べる。1つ目は、軽量金属製アタッチメントである磁気スマートフォンクランプで、スマートフォンの背面をしっかりとグリップし、つけたまま通常通りスマートフォンを使用できる一方で、撮影時には DJI OM 4にすぐに装着できるという。

 2つ目は、磁気リングホルダーで、スマートフォンの背面に接着し、磁石でDJI OM 4に取り付け、バランス調整の必要もないという。直感的な操作設計を採用し、基本機能を片手だけで操作できる。使用しない場合は、DJI OM 4をスタンバイモードにでき、再度使いたい時は簡単に解除し、すぐに使い始めることができるという。

 DJI OM 4と専用のコンテンツ作成アプリ「DJI Mimo」を一緒に使って、事前にプログラムされた撮影モードやプロレベルの機能で写真や動画を作成できる。被写体を選択するとDJI OM 4が自動的に追跡する「ActiveTrack 3.0」では、大人/子ども/ペットなどの被写体の識別が改善されている。操作性向上のため、アクティブトラック中の構図を専用ジョイスティックを使用し、調整できるようになった。ハンドジェスチャーで本製品を操作し、動画撮影の開始・終了を操作したり、写真撮影ができるセルフィー撮影向け機能も搭載する。

 事前にプログラムされたジンバル動作やモードで、プロが撮影したような映像も作成できるという。ズーム機能を自動的に調整する「DynamicZoom」機能、タイムラプス、モーションラプス、3軸ジンバルの技術とともにEIS(電子式映像ブレ補正)技術を使用したタイムラプス/モーションラプス/ハイパーラプス、スローモーションなどが可能。

 また、被写体の素早い動きをとらえるスポーツモード、パノラマ、スピンショットのほか、短編動画を作れる「ストーリーモードテンプレート」などの機能も搭載する。

同梱物

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン