このページの本文へ

東京メトロ、MaaS機能を搭載した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」公開

2020年08月27日 16時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

運行情報のみならずタクシーやシェアサイクルサービスに対応

 東京地下鉄(以下、東京メトロ)は8月27日、「my!東京MaaS」の一環としてMaaS機能を実装した新アプリ「東京メトロmy!アプリ」を公開すると発表した。対応OSは、iOS 12.0以降/Android OS 6.0以降で、料金は無料。

 東京メトロmy!アプリは既存の「東京メトロアプリ」を段階的にリニューアルするもので、鉄道公式アプリのニーズに合わせてリアルタイムな運行情報・列車走行位置を確認しやすくなるようにデザインを刷新している。なお、既存の東京メトロアプリはサービス停止せずに並行で稼働する為、当面は削除の必要はないとしている(将来的には両アプリを統合する予定)。

 また、my!東京MaaSの一環として、鉄道・バス・タクシー・シェアサイクルを含む複数経路の経路検索に新規対応。タクシーアプリ「JapanTaxi」「S.RIDE」、シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」「bike share service」と連携し、経路検索結果を引き継ぎつつ各アプリを起動する等、出発地から目的地の到達まで、スムーズな移動が可能となっている。

列車の位置や混雑状況が一目で確認できる新機能も実装

 更に、アプリ公開にあわせて「混雑見える化」の取り組みを拡大。混雑状況の表示は公式ホームページの掲出に留まっていたところを、東京メトロ全9路線について全342区間・全171駅の混雑情報をアプリにて確認できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン