インバースネット、第3世代RyzenとB450搭載の「GKシリーズ」3モデル

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは8月20日、拡張性が高くメンテナンス性に優れるとする「GKシリーズ」から、第3世代RyzenとB450チップセットを搭載するデスクトップパソコン3モデルを発売した。

 CPUやグラフィックス、ストレージが異なる3モデルをラインアップする。販売はFRONTIERダイレクトストアにて。

 GKシリーズは、従来製品よりもプラスチックの量を大幅に減らしたエコPCケース。堅牢性の高いSECC鋼板製ボディーのシンプルなフラットデザインを特徴とする。

 フロントパネルにはUSB Type-A(USB 3.2 Gen1)×2とオーディオポートを備え、電源を投入すると大型Power LEDと共に青色に発光する。左サイドパネルに使用した強化ガラスはPCパーツのLEDライティングも楽しめるほか、ワンタッチプッシュボタンで開閉可能なため、日常のメンテナンスも非常に容易だという。

 サイズはおよそ幅209mm×奥行き391×高さ381mm。小型ケースでありながら330mmまでのビデオカードを搭載可能で、裏面配線のためエアフローも妨げないとのこと。そのほか、空冷CPUクーラーや水冷CPUクーラーを搭載できる。

 マザーボードには、B450チップセットを搭載するASUS製の「PRIME B450M-A」を採用した。インターフェースには、USB Type-A(USB 3.2 Gen2)×2、USB Type-A(USB 3.2 Gen1 )×4を備え、多彩な周辺機器の接続にも対応できるという。また、x4 PCIEに対応するM.2スロットには高速ストレージのNVMe SSDを取り付け可能。オーディオ機能は国産オーディオ・コンデンサーを搭載し、デジタルノイズの影響を最低限に抑制するとのこと。

 上位モデルのスペックは、CPUがAMD Ryzen 7 3700X、グラフィックスがGeForce RTX 2070 SUPER、メモリーが16GB、ストレージが1TB SSD(M.2 NVMe)+2TB HDD、電源が850W 80PLUS GOLD。価格は税別16万4800円。

 中位モデルのスペックは、CPUがAMD Ryzen 7 3700X、グラフィックスがGeForce GTX 1660 SUPER、メモリーが16GB、ストレージが500GB SSD(M.2 NVMe)+1TB HDD、電源が600W 80PLUS BRONZE。価格は税別11万9800円。

 下位モデルのスペックは、CPUがAMD Ryzen 5 3600、グラフィックスがGeForce GTX 1650、メモリーが8GB、ストレージが240GB SSD、電源が600W 80PLUS BRONZE。価格は税別8万4800円。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月