このページの本文へ

NTTドコモ、無料の共通認証IDなど法人向けの3サービスを2021年に提供

2020年08月17日 17時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは8月17日、「会員基盤」を軸とする全社的な事業運営方針に基づいて、法人ビジネスにおいても新たな取り組みを実施すると発表した。

 具体的には、法人ユーザーがさまざまな機能やソリューションを「便利に・お得に・安全に・誰でも」利用できる仕組みとして、2021年4月から共通認証ID「ビジネスdアカウント」を、2021年7月から新たな会員プログラム「ドコモビジネスメンバーズ」を順次提供予定とのこと。

 あわせて、2021年5月までに、法人向け会員プログラムに入会している人を対象に、無料で利用できる公衆Wi-Fiサービスも提供予定。

 ビジネスdアカウントは、法人ユーザーが利用できる無料の共通認証IDで、「dアカウント」の機能をベースに法人向けの機能を追加して提供するもの。当初は法人名義のドコモ回線を利用中のユーザーを対象に提供し、2021年7月からは回線を利用していないユーザーにも提供予定だ。

 dアカウントの仕組みを活用して、FIDO/FIDO2対応の生体認証によるパスワードレスのログインや、24時間365日体制のセキュリティー監視などの対策のもと、各種ソリューション・サービスを「ビジネスdアカウント」1つで利用できる。リリース時点では約60種類のソリューション・サービスへの対応を予定している。

 申し込みは、「ビジネスdアカウント発行サイト」、「ビジネスdアカウント移行サイト」、「ビジネスdアカウント管理者サイト」、ドコモの法人営業担当者、ドコモショップから。

 ドコモビジネスメンバーズは、法人ユーザーなら誰でも入会可能な入会金・年会費無料の会員プログラム。現在提供中の「ドコモビジネスプレミアクラブ」を刷新して提供するもの。ドコモの回線を利用していないユーザーも入会できる。

 本プログラムでは、ドコモ回線の利用はもちろん、対象ソリューションの利用でもポイントをためることができる。また、対象ソリューションの契約数に応じてより多くのポイントを進呈するほか、ためたポイントは回線や対象ソリューションの利用料金の支払いにも充当できるようになる。ポイントは、従来1000円につきたまっていたところ、200円につきたまるようになる。

 ポイントサービスのほかにも、会員限定のサービスや無料コンテンツなど、よりお得に利用できるサービスを順次提供する予定だ。

 申し込みは、ビジネスdアカウント発行サイト、ビジネスdアカウント発行時、ドコモビジネスメンバーズサイト、ドコモの法人営業担当者、ドコモショップから。

 法人の会員向け公衆Wi-Fiサービスは、法人ユーザー向けの会員プログラムの会員で、ビジネスdアカウントと法人名義で契約のドコモ回線を利用するユーザーを対象に無料で提供するサービス。「d Wi-Fi」、「docomo Wi-Fi」スポットで使用できる。主な接続方法はSIM認証とウェブ認証で、同時接続可能台数は2台。

 申し込みは、ドコモウェブサイトの申し込みサイト、ドコモ法人営業担当者、ドコモショップから。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン