このページの本文へ

見てください、Ryzen 9で組んだオレのTwitter用PC【ビルド編】

2020年08月19日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いざ組み立て!
まずCPUクーラーのバックプレートをカットする

 大型のCPUクーラーは総じてバックプレートの交換が必要だが、マザーボード背面に放熱目的を兼ねた補強プレートがある場合は干渉要素になる。真っ先に確認してみたところ、案の定、ZALMAN CNPS20Xのバックプレートが干渉した。このとき、よくある手段としては交換補償などに加入しておくことだが、バックプレートをカットすればいいだけなので、干渉している部分を雑にカットした。

左がカット前。右がカット後。背面で見えないので雑にカットしている

試しにセットしたところ、24ピン付近だけでなく、リアパネル周辺のクリアランスがない。そのため、15mm厚のファンを確保した。胸が高鳴ります

 マザーボードにあらかじめ取り付けられているパックプレートを流用する製品もある。たとえば、偉大なるグランド鎌クロスシリーズを世に送り出したサイズ製CPUクーラーの多くがそうだ。購入前によく調べておくといい。

今回と似た構成をPC Building Simulatorで組んでみたもの。望む構成と同じパーツがあれば干渉しそうかどうかのアタリに使える。ZALMANのCPUクーラーCNPS20Xは、この画像のbe quiet! DARK ROCK PRO 4よりも大きい

 H210iは小さいながらも作業しやすく、簡易水冷の場合、作業の巻き戻しに至るケースは少ないだろう。空冷の場合はもちろん別で、マザーーボード周辺は順序を決めておく必要があるし、狭い場所での作業も増える。まずは電源に必要なケーブルを接続してから進めるとよさそうだ。

ケースに付属する120mmファンを外す

裏面はこんな感じ。2.5インチシャドウベイ×2のほか、ケーブルのガイドレーンもある。やさしい

フロントパネルを外して、吸気ファンを取り付けたところ

電源をセット

3.5インチHDDは底部に固定。柔らかいケーブルであれば取り回しに問題なし

2.5インチドライブは目立つところに配置できる。いいぞいいぞ!

24ピンとUSB 3.2 Gen1ヘッダはそのままだとファンと干渉するため、L字アダプターを使用した。USB 3.2 Gen2 Type-Cヘッダ用アダプターはなかったので断線怖いなと思いつつ、根元から曲げることにした。なお24ピンL字アダプターは家にあったもので、いつ入手したか覚えていない

USB 3.2 Gen1ヘッダL字アダプターがマザーボード上のスタートボタンと干渉したため、端をカット。製品はアイネックス「USB-018」

雑配線の途中経過。自分用だし、うん、これでいい

Crosshair VIII Impactのヘッダピンは下向きになっている。そのため、先にケーブル類を取り付けておかないと、あとで呪詛が漏れる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中