このページの本文へ

CENTURY「NVMe裸族のお立ち台」

専用カートリッジ採用のNVMe M.2 SSD用クレードルがセンチュリーから

2020年08月06日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから、NVMe M.2 SSD用のクレードル「NVMe裸族のお立ち台」(型番:CROM2NVU32C)が発売された。販売しているのはツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で、価格は5891円(税抜)。

NVMe M.2 SSD用のクレードル「NVMe裸族のお立ち台」。スタンド部に縦に差し込んで使うクレードルスタイルの外付けストレージデバイス

 NVMe M.2 SSDをカートリッジタイプの「NVMe裸族の専用ケース」に搭載。スタンド部に縦に差し込んで使うクレードルスタイルの外付けストレージデバイス。専用ケースに搭載することで、抜き差しにより消耗するM.2 NVMe SSD本体側の端子消耗を防ぐ。なお、「NVMe裸族の専用ケース」は単体販売もしており、価格は1345円(税抜)だ。

「NVMe裸族の専用ケース」採用で抜き差しが約1万回可能に。熱源となるSSDとコントローラーICを別にすることで放熱性を向上させている

こちらが単体販売される「NVMe裸族の専用ケース」

 クレードルの接続インターフェースはUSB 3.2 Gen.2で、同社テストによると920.3MB/sの高速転送が可能とのこと。サイズは75(W)×50(D)×43(H)mmで、重量は約110g。専用ケースのサイズは38(W)×13(D)×112.5(H)mm、重量約46gとなる。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中