このページの本文へ

Western Digital「WUH721818ALE6L4」

WDの18TB HDDに2モデル目が登場、今度はデータセンター向け

2020年07月18日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Western Digitalから、過去最大容量となる18TBの3.5インチHDD「WUH721818ALE6L4」が登場。オリオスペックで販売中だ。価格は8万4979円。

最大容量となる18TBの3.5インチHDD「WUH721818ALE6L4」。プラッター枚数は9枚、回転数7200rpm、キャッシュ512MBというスペック

 先日発売された「WD Gold」シリーズの「WD181KRYZ」に続く18TBモデル。データセンター向け「Ultrastar DC HC550」シリーズの製品でCMR方式を採用。プラッター枚数は9枚で、「エネルギーアシスト磁気記録技術」や、ヘリウム充填技術「HelioSeal」を採用することで大容量化を実現している。

 主なスペックは、インターフェースがSATA3.0、回転数7200rpm、キャッシュ512MB、転送速度257MiB/s。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中