このページの本文へ

ASUS、Xeon W-1200搭載ワークステーション「ASUS Pro E500 G6」発表

2020年07月14日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUS JAPANは7月14日、「W480」シリーズのワークステーションの新モデル「ASUS Pro E500 G6」を発表した。

 インテルXeon W-1200プロセッサーの性能を最大限に発揮するよう設計されており、最大10コア 20スレッドのCPU処理速度に加えて最大128GBのECCメモリーとデュアルオンボードイーサネットポートを備える。強力なプロセッサーやグラフィック機能など、2D/3D CADアプリケーション専用に設計され、中小企業やコンテンツクリエーターに手頃としている。

 NVIDIA QuadroまたはAMD Radeon Proビデオカードをサポートし、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)認定を取得。映像出力HDMI、DisplayPort、DVI-Dのポートを備え、最大3台のマルチティスプレーが可能。工具を使わずにケースの開閉が可能なツールレス設計によりメンテナンスやでコンポーネントの更新も容易となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASUS ROG × ASCII 記事ランキング