このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第212回

「BlackBerry KEY2 Last Edition」は語り継がれる名機になる予感 !

2020年07月15日 12時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本で買える “最後のBlackBerry” となる「BlackBerry KEY2 Last Edition」が6月30日に299台限定で発売されました。価格は6万9800円(税込)。

 7月15日現在、限定版は完売。シリアルナンバーがない通常版「BlackBerry KEY2」はまだ販売中ですが、残りわずかとのことです。

 BlackBerryは、カナダのブラックベリー(旧社名はリサーチ・イン・モーション)が開発した物理キーボード付きの携帯電話。iPhoneが発売される以前から、Eメールやウェブブラウジング機能を備え、スマートフォンの先駆的な存在として、主に欧米のビジネスマン層に人気を集めました。当初は独自OSを採用していましたが、2013年にAndroidに切り替え、2016年以降は中国のTCLコミュニケーションがライセンス契約をして、製造・販売を行なっていました。

 そのライセンス契約は2020年8月31日に終了します(サポートは2022年8月31日まで継続)。今のところ「BlackBerry」ブランドを引き継ぐメーカーは現れておらず、今回発売された日本オリジナルの「BlackBerry KEY2 Last Edition」が最後のモデルとなりそうです。

 売り切れ必至(すでに公式オンラインストアではキャンセル待ち)で、将来プレミアがつくに違いない希少なモデルを借りることができたので、いち早く使わせていただきました。

Last Editionの付加価値は
シリアルナンバーとアラミドケース

 BlackBerry KEY2 Last Editionは、本体は2018年9月に発売された「BlackBerry KEY2」と同じです。というか、KEY2そのものです。そこに限定台数299台のシリアルナンバーを刻印し、Last Edition限定のアラミドケースを付けて、スペシャルパッケージに収めたのが「Last Edition」です。

BlackBerry KEY2 Last Editionはスペシャルパッケージで販売

Last Edition限定のアラミドケースや、BlackBerryのロゴ入りのイヤホンを同梱

サイドフレームに限定モデルのシリアルナンバーが刻まれている

 BlackBerry KEY2は、BlackBerryシリーズにおける完成形と称されるモデルで、ネット上のクチコミなどを見ると「名機」と評価しているファンも多いようです。

 パッケージから取り出して、真っ先に感じたのは“軽さ”。ハードウェアキーボードを搭載しつつ、160gしかないのです。その分、画面サイズは4.5型と小さめですが、タッチ操作がしづらいほどではありません。片手でもラクに持てて、両手で持つとキーボード親指で押しやすく、絶妙なバランス感があります。縦に長い最近のスマホよりも扱いやすいと感じる人はいるでしょう。

4.5型のディスプレーの解像度は1620×1080ドット。表面にゴリラガラスを使用

 背面は「ダイヤモンドグリップ」という滑りにくい加工が施されています。指紋が付くにくいことも利点でしょう。側面には、軽量ながら強靭なアルミニウム合金フレームを使用。そこにシリアルナンバーが刻まれています。

背面パネルには細かい格子状の模様をあしらい、滑らない仕様に

右側面に音量キーと電源キー、そして自由にショートカットを設定で切る便利キーを搭載

上部には3.5mm穴のイヤホンジャック

底部のUSBポートはType-Cだ

 付属のアラミドケースを被せるとシリアルナンバーは隠れますが、その代わりに「Last Edition」をアピールできる趣向。アラミドは薄さと強度を両立させて高機能繊維で、本体にピタリと装着でき、重くなった、分厚くなったと感じることなく使えることがメリット。手に軽く吸着するようなマットな手触りも心地良く、裸で使うか、ケースに入れて使うかを迷うことになりそうです。

アラミド繊維製のケースは薄くて軽く、本体に密着するように装着できる。再び外す時は、外しにくかったくらいだ

アラミドケースには「BlackBerry KEY2, Last Edition, JPN」と記されている

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン