このページの本文へ

企業間取引プラットフォーム「BtoBプラットフォーム」、kintoneと連携

2020年06月30日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インフォマートは6月30日、同社が提供する企業間取引プラットフォーム「BtoBプラットフォーム」とサイボウズの業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」の連携を発表した。

 BtoBプラットフォームは、電子請求書のプラットフォームとして「発行する請求書」だけでなく「受け取る請求書」「支払金額の通知」など、多彩な請求業務の電子データ化に対応可能なクラウドサービス。現在、全国40万社が利用しているという。

 今回の連携により、kintoneから出力される請求データをBtoBプラットフォーム 請求書を通すことによって取引先に電子請求書として発行できるほか、BtoBプラットフォーム 請求書で受け取った請求データや仕訳データをkintoneを経由して基幹システムや会計サービスに取り込むことが可能となる。

 両社は今後、請求書の電子データ化を普及・拡大すると共にバックオフィス業務の効率化に貢献するために協力して両社ソリューションの汎用性、利便性向上を図るとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ