このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第155回

話題のRedmi Note 9Sは多様な格安SIMで利用可、さらに安価に買う方法は?

2020年06月28日 12時00分更新

文● 正田拓也 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャオミ「Redmi Note 9S」が注目されている。2019年末の国内参入第1弾では上位モデルが中心だったが、いよいよ普及クラスに衝撃的な1台を投入してきた。普通に買ってもオトクな機種だが、さらにオトクに購入する方法を考えてみた。

圧倒的なコスパで今話題のシャオミ「Redmi Note 9S」

2万円台といっても下のほうの2万円台
そしてミドルハイの性能

 2万円台のスマホと言われても、消費税を入れたら約3万3000円くらいでは? と思う人もいるかもしれないが、Redmi Note 9Sはそんな“ずるい2万円台”ではない。2モデル用意されているうちのシンプルなスペックの方は2万4800円。しかも税込と、ユーザーの期待を裏切らない2万円台だ。メモリーとストレージが増量された上位モデルも税込2万9800円だから、3万円でしっかりおつりが出る。

 CPUにはミドルハイクラスとなるSnapdragon 720Gを搭載。家電量販店などで販売される2万9800円の上位モデルでは6GBメモリー、128GBストレージとこのクラスでは敵なしだろう。エントリークラスでも昨年あたりから4GBメモリーの端末が多くなっているが、Redmi Note 9Sはその1.5倍。パソコンに詳しい人ならメモリーの容量が、操作の快適性にどのような影響があるか、よくわかると思う。

背面には4眼カメラも搭載

 また、アプリはバージョンアップにつれて機能と容量が増えていくが、6GBメモリーあれば1~2年後にOSやアプリが肥大化したときでも快適に使える可能性が高い。今、快適に動作したとしても、それが数年続くかどうかは別問題だが、6GBあればまともに“使える”期間が長持ちする。

 一方のMVNOやAmazon.co.jpなどで販売される下位モデルは4GBメモリー、64GBストレージとなる。現時点ではこのスペックでも十分に快適に利用できるだろう。

 また背面には4眼カメラがあり、フロントのカメラはパンチホール型。DSDVに対応するなど機能も充実している。指紋センサーは側面の電源ボタンと兼ねたタイプで押しやすい位置に搭載。イヤホン端子もしっかり装備して使い勝手も良好だ。

イヤホン端子もあり

指紋センサーは側面で電源ボタンと兼用

 足りないものは防水とFelicaがないくらい。重量は200g超えだがバッテリー容量(5020mAh)も画面(6.67型液晶、1080×2400)も大きく、活用の幅が広いスマートフォンとなる。

パンチホール型のフロントカメラ。真正面ではまったく気にならないが、少し斜めから見るとホールの周囲が若干暗く表示される

楽天を含む4キャリアに対応し、さまざまな格安SIMで利用できる

 Redmi Note 9Sはプラチナバンドを含む3大キャリアのネットワークに対応しているため、ほぼすべての格安SIMでエリアの制限なく使える。手元にあるドコモ/au/ソフトバンクのネットワークを使うMVNOの格安SIMはすべて問題なしで、楽天モバイルについてもアプリでの通話を含めて動作した。

楽天モバイルの自社回線のSIMでも問題なく利用できた

 設定画面では、楽天モバイルではAPNなどが自動設定されるが、それ以外の大部分のMVNOの格安SIMなどは手動で設定する必要がある。最近のSIMフリー機は主な格安SIMのAPN設定がプリセットされていて選ぶだけでいい端末が増えているが、Redmi Note 9Sはほとんど入っていないため手動で選ぶ必要がある。

ドコモネットワークのSIMを挿入してもプリセットはこれだけなので、多くのSIMでは手動での設定が必要となる

 たとえばドコモネットワークのSIMでは、b-mobileとIIJmioのみがプリセット。それ以外は手動で設定しなければならない。頻繁に設定するものではないが、最初だけはひと手間かかり、各サービスのウェブサイトや、SIMの説明書にある情報が必要になる。

普通に買っても2万円台だが、できればもっと安く買いたい

 さて、性能の割に安価で使い勝手のよいRedmi Note 9Sだが、欲が出るものでさらに安くゲットできる方法はないか考えてみた。

 昨秋に回線契約と端末のセットで、大幅な値引きはできなくなる法改正があったものの、2万円までの値引きは許容されたことから、今でも回線契約と同時に値引き販売される例がある。

 MVNOの格安SIMで端末の値引き販売といえば、NTTコミュニケーションズ「OCN モバイル ONE」とその子会社が運営する「goo Simseller」がよく知られている。goo Simsellerで扱うRedmi Note 9Sは4GB/64GBの下位モデルとなるが、音声SIM契約と同時なら発売記念特価で1万900円に。さらにMNPによる乗り換えで5000円、セキュリティーソフトのサブスク加入で1000円の値引きがあるのですべて条件が整えば4900円+消費税。ここに回線の初期費用3000円と消費税などがかかり1万円以下で購入できる。

おなじみgoo Simsellerでは7月1日まで記念特価で販売中

 また、ほかのMVNOの扱いも順次始まっている。回線契約なしで購入するよりも値引きがされることが多いため、条件によってはオトクとなる。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン