このページの本文へ

NTTはNECの普通株式を4.8%取得

NTTとNECが資本業務提携、緊急会見で正式発表

2020年06月25日 16時20分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2社の合同で緊急の記者会見を開催した

NTTとNECが資本業務提携
ICTの共同研究開発で

 日本電信電話(以下NTT)と日本電気(以下NEC)は6月25日、資本業務提携を締結することを発表。

 記者会見にはNTTの代表取締役社長 社長執行役員 澤田 純氏、NECの代表取締役 執行役員社長 兼 CEOの新野 隆氏が登壇し、今回の提携は、ICT製品の共同研究開発と、グローバル展開を目的としたものだと説明した。

 NTTは、NECの実施する新株式の発行および自己株式の処分の第三者割当を引受け、NECの普通株式1302万3600株(本第三者割当後の発行済株式総数の4.8%)を取得する。実施日は7月10日の予定。

 「ケースバイケースだが、研究開発のための出資であり、これから増資をしていくということではない。オペレーターとメーカーという役割分担で組んで、付加価値の高いシステムを作っていくのは世界でも珍しい例。その構造でグローバルな商品展開を目指し、世界を牽引するところまでいきたい」(NTT 代表取締役社長 社長執行役員 澤田 純氏)。

 「オペレーターとメーカーという垣根を超えて、対等な立場で提携することを決めた。希望としては、O-RAN(Open Radio Access Network Alliance)準拠の基地局で2030年までに20%くらいのシェアを取れるようになっていたいと考えている」(NEC 代表取締役 執行役員社長 兼 CEO 新野 隆氏)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ