横浜ビー・コルセアーズを題材にしたコミックを制作へ

ビーグリー、「横浜ビー・コルセアーズ」とトップパートナー契約を締結

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビーグリーは7月1日、神奈川県横浜市をホームタウンとするプロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」(BリーグB1・中地区所属)を運営する横浜ビー・コルセアーズとトップパートナー契約を締結したと発表した。

 同社は以前より横浜ビー・コルセアーズとオフィシャルスポンサー契約を締結していたが、今回トップパートナーへと移行した。

 同社は、国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国」をはじめとして、コンテンツを見定め、それに適した方法で訴求していくコンテンツプロデュース事業を展開。コミックに限らず、コンテンツとファンを繋ぐというミッションを掲げ、横浜ビー・コルセアーズが掲げる「新たなスポーツエンターテインメントの提示」という理念に賛同し、バスケというコンテンツをプロデュースし、プレイヤーとファンを繋げることに一役買いたいと考え、その関係をより強固なものとするため、トップパートナー契約を締結したという。

 さらに、まんが王国において横浜ビー・コルセアーズを題材にしたコミックを制作することを決定。今後の展開については随時発表する予定としている。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月