このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」 第130回

SQL DB Hyperscale/PostgreSQL/MySQLで暗号化のキー持ち込みをサポート

AKSでApplication Gateway Ingress Controllerがプレビューに

2020年06月19日 08時00分更新

文● 佐藤直生 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。今回の「週刊アジュール」では、2020年6月7日~13日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Storage:FilesのAD DS認証、論理削除、最大ファイルサイズ拡張、プライベートエンドポイント

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Files」は、SMBプロトコルベースのファイル共有サービスを提供します。

 Azure Filesで、次の新機能がリリースされました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Filesファイル共有の論理削除

Azure Firewall:強制トンネリング、SQL FQDNフィルタリング

 Azure Firewallは、Azure Virtual Networkリソースを保護するファイアウォールサービスです。

 [Azure Firewallで、次の新機能がリリースされました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure FirewallのSQL FQDNフィルタリング

Azure Monitor:LogsのREST API

 Azure Monitorは、Azureにおけるフルスタックの監視サービスです。

 Azure Monitorの一機能であるAzure Monitor Logs(旧称Azure Log Analytics)は、Azureやオンプレミス環境のリソースのログを収集、分析するサービスです。

 Azure Monitor Logs向けのREST APIの新バージョン「2020-03-01-preview」がリリースされました。

Azure Cost Management:しきい値編集、100%を超える予算アラート上限

 Azure Cost Managementは、マルチクラウド環境での使用料金の管理、監視、最適化のためのサービスです。

 これまで、予算が既にトリガーされた後にしきい値やアラートの割合を増やした場合、次の評価期間でのみ予算がトリガーされていました。今回、この場合に、同じ予算期間に対してアラートを発生させられるようになります。

 また、これまで、予算アラートでは最大しきい値に100%を設定できました。今回、内部コストマージンがある場合のために、最大1000%に予算アラートを設定できるようになりました。

Azure App Service:ハイブリッド接続、リージョン仮想ネットワーク統合

 Azure App Serviceは、ウェブアプリ、ウェブAPI、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 Azure App Serviceの「ハイブリッド接続」(Hybrid Connections)を使うと、Azure App Service上のアプリから、オンプレミスのシステムやサービスにセキュアにアクセスできます。

 ハイブリッド接続が、これまでGAになっていたWindowsに加えて、今回、LinuxでもGAになりました。

Azure App Serviceのハイブリッド接続

 Azure App Serviceの「リージョン仮想ネットワーク統合」は、Azure App Serviceを、同じAzureリージョン内の仮想ネットワークに接続します。

 リージョン仮想ネットワーク統合が、3月にGAになっていたWindowsに加えて、今回、LinuxでもGAになりました。

Azure App Serviceのリージョン仮想ネットワーク統合

Azure Kubernetes Service (AKS):ノードイメージのアップグレード、ノードサージアップグレード、Application Gateway Ingress Controller

 Azure Kubernetes Service (AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 Azure Kubernetes Service (AKS)で、次の2つのアップグレード機能がプレビューになりました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 Azure Application Gatewayは、SSLオフロード、セッションアフィニティ、 WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)などの機能を提供するレイヤー7のロードバランサーです。

 Azure Kubernetes Service (AKS)で、Application Gateway Ingress Controller(AGIC)が、パブリックプレビューになりました。

 Application Gateway Ingress Controllerを使うと、Azure Application Gatewayを介して、Azure Kubernetes Service (AKS)上のアプリケーションをインターネットに公開できます。

Azure Kubernetes Service (AKS)のApplication Gateway Ingress Controller

Azure Service Fabric:7.1 CU1

 Azure Service Fabricは、Windows Server/Linux上で動作するマイクロサービスプラットフォームであり、コンテナーオーケストレーターでもあります。

 Azure Service Fabric 7.1 CU1(初回更新リリース)が、利用可能になりました。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事