このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

圧倒的な没入感が得られるというスピーカー「SA-Z1」を自宅で聞いてみた

2020年06月16日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SA-Z1

 ついに出た。そして、いろんな意味でスゴい。

 ソニー渾身のニアフィールドパワードスピーカー「SA-Z1」に関する印象はそんなところではないだろうか。物量投入という言葉がふさわしい重厚感あふれる筐体、ニアフィールドリスニングに特化した新しいコンセプト、そして驚愕の価格……。「規格外」という感想を持つのが自然な製品だ。

 その機能や特徴については、発表時の記事で触れている。昨年のIFAで海外発表された後、個人的にも興味津々で、国内投入を楽しみにしていた製品でもある。

ポテンシャルの高さは理解、しかしその性能は引き出せるのか?

 SA-Z1については、一度試聴させてもらっており、そのときの印象は非常に鮮烈だった。ただしそれは、防音と調音がしっかりとなされた試聴室での出来事。「理想的な条件が整った環境だからこそ」という側面もあった。

 オーディオは、いいスピーカーとアンプさえ買えば、すぐにいい音で鳴るというものでもない。ここがヘッドホンとの大きな違いだ。特にS/N感が高く、微細な音を再現するハイエンド機器では配慮がいる。仮に十分な音量を出せる部屋があったとしても、その広さ、機器を置く位置、壁や天井の反射、家具……などとの兼ね合いで、様々な影響を受け、音が変化するからだ。

 ふつう、スタジオの録音ブースや試聴室はデッドな環境になっている(部屋の反響を抑えている)。理由は直接音を把握しやすくするため(それでも無響室のようにまったく響きがないわけではなく、それなりの残響は残してあるが)。

 ルームアコースティックは重要だ。ハイエンド機器が持つ、せっかくの情報量を部屋の響きで埋もれさせては意味がない。機材を購入する価格よりも、再生する環境を整える苦労のほうが、よっぽどハードルが高いと言える。

 だから、日々取材を続けていると、メーカー試聴室ではあんなに緻密な再生音だったのに、自室や別の場所で聴いたら印象が違った(思ったほどではなかった)というガッカリ感を味わうことも少なくないのだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン