このページの本文へ

路線の混雑傾向を表示

Yahoo!乗換案内、「混雑トレンド機能」を提供開始

2020年06月10日 08時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤフーは6月9日、乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」(Android版、iOS版)にて路線の混雑傾向をアイコンで表示する「混雑トレンド機能」の提供を開始した。

 本機能は、Yahoo!乗換案内アプリやブラウザー版の「Yahoo!路線情報」の過去の路線検索データをもとに、路線、方面ごとの検索数の推移をAIを用いて算出し、路線の駅間の混雑傾向を表示するというもの。混雑傾向は4段階で「乗客が少ない時間帯」「乗客がやや少ない時間帯」「乗客がやや多い時間帯」「乗客が多い時間帯」と、ルート検索結果画面上に表示される。現在の対象路線は首都圏を中心とした65路線で、今後随時拡大予定とのこと。

 ユーザーは、本機能を利用することで自分が移動したいルートの混雑状況をあらかじめ確認でき、混雑を避けた移動ができる。

 混雑トレンド機能の使い方は以下の通り。

①ルート検索した画面のルート上に「混雑トレンド機能」に対応している路線がある場合、ルート検索結果画面に混雑トレンドアイコンが表示される。混雑トレンドアイコンは、ルート検索結果画面では、検索したルート上の区間でもっとも高い混雑レベルが表示され、検索結果詳細画面では、その駅から次の駅までの駅間の混雑傾向が表示される。

②検索結果詳細画面から駅を展開すると、駅の区間ごとの混雑傾向が表示される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン