このページの本文へ

コンパクトながら大型スピーカーに引けを取らない再生が可能

KlipschブランドHeritageシリーズから、ハイパフォーマンスコンパクトスピーカー「HERESY IV」登場

2020年05月22日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オンキヨー&パイオニアは5月22日、Klipschブランド「Heritageシリーズ」より、ハイパフォーマンスコンパクトモデルスピーカー「HERESY IV」を発表。5月末に発売する。

 Heritageシリーズは、1957年に創業者ポール.W. クリプシュにより30cmのウーファーとホーン搭載のミッドレンジとツイーターを使用したコンパクトな3Wayスピーカーとして導入。米アーカンソー州ホープの誇り高い職人の手によって作り続けられている。

 4世代目となるHERESY IVは、新規開発されたK-702ミッドレンジコンプレッションドライバー(4.45cm)が組み込まれ、ポリイミド振動板の採用により細部にわたる表現性とダイナミクスさを両立。チタニウム振動板のHFドライバー(2.54cm)など均一なリスニングエリアを提供。LFドライバーには繊維複合材料コーンウーファー(30.48cm)を搭載。

 シリーズ初となる背面ポート「Tractrixポート」により低音再生能力を拡大しているほか、回路全体の劣化を抑えた新規ネットワークを採用。本体サイズはおよそ幅39.37×奥行き33.66×高さ63.01cm。

 価格はオープンプライス。店頭では23万1000円前後で販売される見込み。秋葉原のONKYO BASEで緊急事態宣言の解除後、予約制の試聴体験会も実施予定。

より大型のフロア型スピーカーも発売

 また、同じくHeritageシリーズの3ウェイホーンスピーカー「CORNWALL IV」も5月末に発売予定。明瞭度とディテールの改善のため、新規の中域用ドライバーと新規ミッドレンジTractrixホーンを採用。新たなポートを備えることで、明瞭度と深みのある低音の再生を実現したとする。

 ミッドレンジに、ポリイミド振動板採用で直径4.45cmの「K-702ミッドレンジコンプレッションドライバー」を採用。改良されたTractrixホーンを組み合わせている。高域には、新しいフェーズプラグを特徴とした「K-107-TIチタニウム振動板HFドライバー」を採用。サイズは直径2.54cm。低域は直径38.1cmの繊維複合材料コーンウーファー「K-33-E」を採用。バスレフポートやネットワーク回路も新しくした。

 周波数帯域は、32Hz~20kHz(±4dB)、出力音圧レベルは102dB(2.83V/1m)、最大出力音圧レベルは119dB。インピーダンスは8Ω。本体サイズはおよそ幅64.3×奥行き39.4×高さ96.52cmで、重量は45.35kg。

 価格はオープンプライスで、店頭では40万円台前半で販売される見込みだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン