このページの本文へ

ハードウェアキャリブレーション対応

ベンキュー、32型4Kカラーマネジメント液晶「SW321C」

2020年05月22日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プロ向け液晶モニター「SW321C」

 ベンキュージャパンは5月22日、「AQCOLOR」シリーズの新製品として、ハードウェアキャリブレーション対応、プロ向け32型4Kカラーマネジメント液晶モニター「SW321C」の予約販売を、銀一、ツクモ、ビックカメラ、ヨドバシカメラにて開始した。発売日は6月5日で、発売日以降は予約販売実施店舗以外のECサイト、販売代理店サイトでも販売予定としている。価格はオープンで、実売価格は25万円。

側面

 SW321Cは、最新のIPSパネルを採用したことで、反射が最小限まで抑えられ、写真や動画編集などのプロ向けAQCOLORシリーズ史上最高画質のモデル。HDR10/HLG対応で、10bitパネルおよび3D 16bit LUT(ルックアップテーブル)を採用。

 画面解像度は4K UHD(3840×2160ドット)、Adobe RGB 99%、Display P3/DCI-P3 95%、sRGB/Rec.709 100%カバーの表示性能を備える。CalMAN認証およびPANTONEカラー認証を取得しているほか、ビデオキャリブレーションソフトウェア「CalMAN」をサポートする。

 ハードウェアキャリブレーションに対応し、グラフィックカードの出力データを変更することなく、モニター内部の画像処理チップの調整が可能。グラフィックカード設定の影響を受けることなく、表示されている画像が元のコンテンツの一貫性を保てるという。

 Palette Master Element校正ソフトウェアとキャリブレーターを使用することで、カラー設定をカスタマイズし、モニターのカラーパフォーマンスを最適な状態に調整・維持できるという。SW321Cは従来のSWシリーズ製品と比べ、Palette Master Elementによるキャリブレーション時間が大幅に短縮されたとしている。対応プラットフォームはWindows 7以降、Mac OS 10.6.8以降。

 パソコン側で表示解像度を1080に変更することで、24Hzのリフレッシュレートに変換可能となり、 1080/24Pのリアル再生ができるという。通常モニターの60Hzリフレッシュレートによって生じるソース映像の歪みがなく、 24Pのフィルムコンテンツが正しいフレームで表示される。

取り外し可能な遮光フード(縦・横)を標準装備

 データ転送とPCへの60W給電が可能なUSB Type-Cポートを備える。取り外し可能な遮光フード(縦・横)を標準装備する。また、Adobe RGBモード、sRGBモード、モノクロモードを簡単に切り替えられるホットキーパックが付属する。ボタンはカスタマイズ可能で、他のモードや、明るさやコントラストなどのOSD設定を割り当てることもできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン