このページの本文へ

Cybereasonプラットフォームと連携して機械学習アルゴリズムで分析

サイバーリーズン、企業におけるエンドポイントを守る「Cybereason Mobile」を提供開始

2020年05月15日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイバーリーズン・ジャパンは5月15日、企業のエンドポイントセキュリティーを総合的にサポートする「Cybereason Mobile」を日本市場向けに提供開始した。

 同社では、AIを活用した独自のエンジンでエンドポイントのログデータを解析してサイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知・対処する「Cybereason EDR」、既知および未知のマルウエアやファイルレスマルウエアなどの侵入をブロックする次世代アンチウイルス「Cybereason NGAV」などを提供している。

 Cybereason Mobileはモバイルデバイスにおけるセキュリティーの脅威を検知・対処する製品。従来のエンドポイントセキュリティー製品との統合が可能なほか、スケーラブルな軽量センサーを活用してセキュリティーの脅威に対する迅速な識別や対応措置が可能。また、デバイス上で既知および未知のゼロデイ脅威によるインシデントの発生を自動で防ぐ機能を持つ。

 Cybereasonプラットフォーム上で発生するすべての脅威を関連付けることで機械学習アルゴリズムを用いたサイバー攻撃防御エンジンを利用して分析に利用できるほか、モバイルデバイスレベルでの状況をリアルタイムで可視化できる。

カテゴリートップへ

ピックアップ