このページの本文へ

圧力を検知して着座状況を管理できるスマートチェア

2020年05月14日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SNC-NET16ABK-BLE

SNC-NET16BK-BLE

 サンワサプライは5月14日、圧力を検知して着座状況を管理できる、BLEビーコン搭載の肘付きスマートチェア「SNC-NET16ABK-BLE」と、肘なしスマートチェア「SNC-NET16BK-BLE」を発売した。価格はSNC-NET16ABK-BLEが4万1580円、SNC-NET16BK-BLEは3万9380円。

 座面内に圧力を感知できるセンサーを内蔵しており、SSSクラウドサービスを利用することで、オフィスの着座状況などがひと目でわかる。

 リアルタイムで着座状況をモニターでき、勤怠管理に利用したり、会議室など共有スペースの予約を管理したりが可能。たとえば、公共施設や店舗などで使うと、ウェブサイトを通じて、現在の混雑状況をユーザーが把握できるようになる。

 背もたれと固さを調節可能な座面ロッキング機能を採用しており、ゆったりもたれかかることができる。

 背面は通気性に優れたとするメッシュ素材を実現した。

 簡易ランバーサポート機能付きなので、腰の疲れを低減できるという。ガス圧高さ調節リフトにより、レバー1本で座面の高さを調節可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン