このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第73回

新型コロナと宇宙ビジネスの意外な接点-倶楽部情報局

2020年05月13日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「新型コロナと宇宙ビジネスの意外な接点」を紹介します。


 世界中のメディアが新型コロナウイルス一色のいま、米国の国防総省がとても興味深い発表をした。

 UFO(未確認飛行物体)に見える物体が飛んでいる様子を海軍が撮影した、3本の映像を公開したのだ。

 これらの映像は以前、米国の報道機関が独自に入手したと報じていたものだが、国防総省は声明の中で「確かに海軍のビデオだ」と認めている。

 暗い話が多くなりがちだが、こうしたニュースは素直に楽しい。米政府は予算をつけてUFOの研究もしている。

 UFOの極秘研究ではないが、日本政府も宇宙関連の取り組みを進めている。

 この数年、日本政府がとくに力を入れているのは、宇宙をビジネスの舞台とする取り組みだ。

●UFOじゃない、UAPだ

 米国防総省が3本の映像を公開したのは、2020年4月27日のことだ。3本の映像のうち1本は2004年11月、2本は2015年11月に撮影された。

 2015年の映像では、楕円形の物体が雲の上を飛んでいる。

 映像のタイトルは「ジンバル(Gimbal)」とされているが、ジンバルは物体の向きを一定に保つ装置だ。

 最近は、動画撮影用のカメラに取り付けるジンバルが安価になり、言葉としても一般化しつつある。

 映像のタイトルどおり、この物体は一定の傾きを保ちながら高速で飛んでいるようにみえる。

 こうした物体は長い間、未確認飛行物体(Unidentified Flying Object、UFO)と呼ばれてきたが、米国防総省は未確認航空現象(Unidentified Aerial Phenomena)と呼んでいる。

 今後、こうした現象は、UAPと呼ばれるようになるかもしれない。

 映像に写っている現象について米国防総省は、いまも「未確認のままだ」としている。

 米政府は、UFOに関する研究も進めてきた。2017年12月にはニューヨーク・タイムズが、ペンタゴンのビル5階で進められている謎めいた研究プログラムの存在を報じている。

●宇宙ビジネス振興

 米軍の謎の研究プログラムとはちょっと様相が異なるが、日本政府は近年、宇宙を舞台とするビジネスを後押しする政策を進めている。

 旗振り役は、やはり新しい物好きの経済産業省だ。

 宇宙ビジネスは、世界的な成長産業と考えられている。中でも、民間企業の参入が進む分野は通信、測位(GPS)、地球観測の3分野だ。

 内閣府の公表資料によれば、2020年度(令和2年度)は、全省庁を合計すると3674億円の宇宙関連予算がついている。

 民間のビジネスとの関連が深そうな事業のひとつに、経済産業省の「政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備・データ利用促進事業」というプロジェクトがある。

 このプロジェクトには2020年度、18億円の予算がついている。

●衛星データを民間企業とシェア

 宇宙関連と呼べる産業は日本にも存在するが、大部分が政府からの機器類の需要に依存している現状がある。

 経産省の公表資料によれば、政府が打ち上げた人工衛星から膨大なデータが集まっているが、民間企業が利用できるデータとしては公開されていない。

 こうしたデータを民間企業も利用できる形に処理して、企業に提供し、新しいビジネスにつなげてほしいというのが経産省の考えだ。

 経産省は、衛星の製造に必要な部品の開発を促す事業も進めている。

 米国の事例になるが、衛星データの活用で注目を集める「Orbital Insight」という企業がある。

 同社が公開しているユースケース集が興味深い。

 衛星画像を通じて、世界中にある2万6000ヵ所以上の原油タンクの備蓄量をリアルタイムでモニタリング。実際の備蓄量の推計や、需要予測などに活用されている。

 先物取引などに携わる企業にとっては、非常に有益な情報だろう。

 さらに同社のシステムでは、衛星画像をAIが解析。競合他社の製造拠点をモニタリングし、保守作業員が一時的に急増しているといった情報を得る。

 保守作業員が集まっているということは、競合他社の製造拠点でなんらかのトラブルが起きているのかもしれない。そうなると、今後、その企業からの供給が現象する可能性が高いと予測できる。自社にとってはチャンスかもしれない。

 監視に使いやすい技術が高度化する今、企業同士もテクノロジーをフル活用して監視しあう時代に入っているのだろう。

●ワクチン開発とも関係の深い宇宙ビジネス


 続きは「新型コロナと宇宙ビジネスの意外な接点」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1294(2020年8月4日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1293(2020年7月28日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2020August

  • 週刊アスキー No.1292(2020年7月21日発行)

  • 週刊アスキー No.1291(2020年7月14日発行)

  • 週刊アスキー No.1290(2020年7月7日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事