このページの本文へ

グーグル、無料でビデオ会議「Google Meet」を一般向け提供開始

2020年04月30日 17時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは、ビデオ会議ツール「Google Meet」を一般向けにも、無料で提供することを4月29日に公表した。

 Google Meetは、法人向けサービス「G Suite」の有料プランにて提供していたツールで、5月上旬以降はメールアドレスをもつユーザーであれば誰でもGoogle Meetに登録することで、企業や教育機関に提供している「スケジュール管理」「画面共有」「リアルタイム字幕表示(英語のみ)」「好みに応じた画面レイアウト」などが、利用できる。

セキュリティーを重視した設計

 他社のビデオ会議ツールがセキュリティー面で不安視されるなか、Google Meetは情報の機密性を維持するために必要な保護を提供するという。

 グーグルはデータセンターを相互接続する地球規模の安全性と耐久性に優れたプライベートネットワークで運⽤し、例えば「個人向けアカウントで作成されたビデオ会議には、Googleアカウントを持たないユーザーは参加できない」「会議コードをデフォルトで複雑なコードが付与することで、総当たり攻撃での推測を困難にする」「GoogleMeetのビデオ会議で転送されるすべてのデータは暗号化され、Googleドライブに保存されるすべての録画/録⾳のデータも保存時に暗号化される」などとうたう。

 スマートフォンのアプリやウェブブラウザーから無料で利用できるため、誰でもたやすく利用できるというメリットがある反面、他社サービスと比べると音声の品質がよくない時がある、背景を隠すフィルターを用意していないなど、課題が残る。このあたりのユーザーの声はグーグルにも届いているので、随時使い勝手を更新していくとしている。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン