このページの本文へ

BenQ、WUXGA画質の短焦点レーザープロジェクター発表

2020年04月24日 14時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ベンキュージャパンは4月24日、WUXGA画質の短焦点レーザープロジェクター「LU951ST」を発表した。販売開始は4月27日から。価格はオープン。

 BlueCoreレーザー技術により、高輝度5000ルーメンを実現し、鮮やかで正確な色再現を楽しめるという。耐久性にも優れ、2万時間以上鮮明な色表示を維持でき、ランプ切れの心配もないとのこと。

 水平および垂直レンズシフト、広範囲ズームやデジタル画像のサイズ変更などを採用しており、狭いスペースでも、さまざまな角度から投影可能な柔軟性があるという。HDMI出力を備え、プロジェクターからプロジェクターや、ほかのディスプレーデバイスに直接デジタル信号を送出できる。

 リモコンはシンプルな操作でセットアップできるという。底面のグリップは、設置時や会場間でのプロジェクターの移動を簡単かつ、安全にできるとしている。

 そのほか、スペックは以下のとおり。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン