このページの本文へ

テレワークを実現するプラットフォーム「Brekeke UC」新版が提供開始

2020年04月15日 17時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ブレケケは4月15日、オフィスのテレワーク環境を実現するパッケージソフトウェア「Brekeke UC」の新バージョンを4月1日から提供開始したと発表。テレワーク機能の強化はもちろん、ユーザーインターフェイスとデザインを一新し、ユーザビリティーが大幅に向上したという。

 「ほかのスタッフの状態を把握して、リアルタイムにコミュニケーションを取りたい」「オフィスと同じように電話業務をしたい」「社外とのコミュニケーション窓口を一本化したい」といった、テレワーク導入の障害になるさまざまな課題を解決するとしている。

 Brekeke PBXと連携することで、音声やビデオによる通話をフレキシブルに制御し、電話番号を収容しての外線発着信を実現。ウェブブラウザーが内線端末として動作するので、電話機などを用意する必要はない。オフィスの電話業務を画面操作1つで実施できる。

 オフィス内のコミュニケーションだけではなく、ウェブサイトにコンシェルジュや窓口を設置して、ユーザーからチャットや通話で問い合わせを受けたり、取り引き先のゲストを会議に招待したりできる。通話はウェブブラウザーを介してインターネット回線上でできるため、外部利用者のスマホやPCに専用のソフトウェアをインストールする必要はなく、通話料もかからない。

 無償のスマホアプリ「Brekeke Phone」を使うことで、外出先や移動中でもメッセージや着信が受けられる。PCに接続して利用する小型のLEDランプ&スピーカー「Busylight」に対応しており、離席中でもメッセージや着信を光と音で通知してくれる。

カテゴリートップへ

ピックアップ