このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ビデオ会議サービスもセキュリティに注意

2020年04月17日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビデオ会議のセキュリティが問題になり始めている

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、在宅での業務が増えているであろう昨今では、オンラインのビデオ会議ツールの人気が高まっている。本格的なテレビ会議システムを導入するスペースやコストなどに頭を悩ませる必要もないこともあり、需要は急増しているのだ。

 しかし、中にはセキュリティ面やプライバシー面などに問題を抱えているサービスもあるという。

 たとえば、人気のオンライン会議ツールであるZoomは、セキュリティやプライバシーの問題が相次いで報道されている。中でも有名なものは「Zoom-bombing(Zoom爆弾)」。招待されていない人物が、オンライン会議や学校のオンライン授業に乱入し、妨害するという動きだ。

 Zoomで開催される会議のURLが、SNSなどで広く公開されたり、パスワードの活用に問題があったりといったことが原因だ。こうした事件の発生を受けて、海外の機関では使用を控える動きが出ている。国内の企業でも、社内会議や外部との打ち合わせなどに、Zoomの使用を禁止する例が出始めている。

 これに対してZoom Video Communicationsのエリック・ユアンCEOは、4月1日に同社ブログで「プライバシーとセキュリティへの期待に応えられなかったことを認識している。そのことを深くお詫びするとともに、この件について私たちが何をしているかを共有したい」と説明している(A Message to Our Users - Zoom Blog)。

 Zoomは3月29日にプライバシーポリシーを更新したほか、対策として、ミーティングにロックをかけること、パスワードの管理を徹底すること、パーソナルミーティングのIDを使って公開のイベント主催は避けることなどを提案している。

 緊急事態宣言が出ていることもあり、テレワークの流れはまだまだ続いていきそうだ。効率化をすすめるためにも、ビデオ会議ツールのセキュリティには気を配りたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィーは大切なものを守ります。


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる