このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第70回

Galaxy S20 5G 実機レビュー = 5Gはもちろん速度もカメラも最先端だった-倶楽部情報局

2020年04月07日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「Galaxy S20 5G 実機レビュー = 5Gはもちろん速度もカメラも最先端だった」を紹介します。


 ドコモは3月25日、auは26日、ソフトバンクは27日に、第5世代移動通信システム「5G」のサービスを日本国内で正式に開始し、それぞれ対応端末を発売した。

 5Gでは高速・大容量、低遅延、多数接続により、通信情報端末でさらに快適、かつ新たなサービスが提供される予定で、ガジェット好きならいち早く体験したいと思っているはずだ。

 現時点では5G対応端末がすべて発売されているわけではないが、サービス開始と同時にGalaxy「Galaxy S20 5G」、シャープ「AQUOS R5G」、ZTE「ZTE Axon 10 Pro 5G」の3モデルがリリースされている。

 今回は日本より約1年先んじて5Gサービスがスタートした韓国の「Galaxy S20 5G SCG01(au版)」のレビューをお届けしよう! はたして5Gは掴めるか!?

 

au「Galaxy S20 5G SCG01」機種代金11万7480円。カラーはコスミックグレー、クラウドブルー、クラウドホワイトの3色が用意されている

 

パッケージには本体以外に、クリアケース、保護フィルム(貼り付け済み)、AKGチューニングマイク付き高音質イヤホン(USB Type-C)、イヤーピース、USBケーブル(CtoC)、説明書、SIM取り出し用ピンが同梱されている

au版Galaxy S20 5Gの背面には
「5G」マークがないっ!

 Galaxy S20 5Gはドコモとauから発売されており、本体カラーのラインナップもコスミックグレー、クラウドブルー、クラウドホワイトの3色で同一だ。ドコモ版とau版で外観上の大きな違いは「5G」ロゴのあるなし。ドコモ版は「5G」ロゴがプリントされているが、au版は「au」のみ。個人的には5G端末の初物なので、au版ももっとアピールしてほしかったところである。

 基本スペックは、SoCに「Qualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform」(2.8GHz×1、2.4GHz×3、1.7GHz×4)を採用。メモリー(RAM)は12GB、ストレージ(ROM)は128GBを搭載。最大1TBのmicroSDXCメモリーカードでストレージを増量可能だ。

 ディスプレーは約6.2インチQuad HD+ 有機EL(3200×1440ドット、120Hz、HDR10+、ディスプレー内指紋認証対応)。

 カメラは背面に12MP超広角(F2.2、1.4μm、約120度)、12MP広角(F1.8、1.8μm、約79度、光学式手ぶれ補正)、64MP望遠(F2.0、0.8μm、約76度)、前面に10MPセルフィー(F2.2、1.22μm、約80度)を搭載。なお上位モデルの「Galaxy S20+ 5G」には背面に深度測位カメラが追加されている。

 本体サイズは約69×152×7.9mm、重量は約163g。バッテリーは4000mAhと大容量タイプが内蔵されており、連続通話時間約1680分、連続待受時間約410時間が謳われている。

 なお電池持ち時間は、5Gエリアで約125時間、4G LTEエリア/WiMAX 2+エリアで約130時間とされており、前者のほうがバッテリー消費は多いわけだ。

 防水はIPX5/IPX8、防塵はIP6Xとされており、おサイフケータイにも対応している。ただしAQUOS R5Gや「Xperia 1 II」とは異なり、フルセグ、ワンセグなどのテレビ視聴機能が搭載されていない点には留意しておこう。

 

全画面の有機ELディスプレーは「Dynamic AMOLED 2X」と名付けられている。ちなみにGalaxy S20は約6.2インチ、Galaxy S20+は約6.7インチと画面サイズが異なるが、解像度はどちらもQuad HD+(3200×1440ドット)で同じだ

 

本体上面にはSIMカード/microSDXCメモリーカードトレイ、マイク、本体下面にはUSB Type-C端子、スピーカー、マイクが用意されている

 

本体右側面にはボリュームボタンとサイドキーが配置されている

 

背面カメラは右から12MP超広角、12MP広角、64MP望遠を配置。加えてフラッシュとマイクが装備されている

 

10MPセルフィーはパンチホール仕様だ

 

指紋のマーク部分に指紋認証センサーを内蔵。貼り付け済みのメーカー純正ディスプレー保護フィルム以外では、指紋認証センサーが正常に働かない場合がある。サードパーティー製を購入する際には指紋認証センサーに対応していることを確認しよう

 

カードトレイにはnanoSIMカードと最大1TBのmicroSDXCメモリーカードを装着可能

 

AKGチューニングマイク付き高音質イヤホンが同梱。サイズの異なるイヤーピースも付属する

 

同梱されるクリアケースはTPU素材のソフトタイプ。純正品だけにサイズはピッタリだが、手脂などが目立ちやすいのが残念

SIMカードを5G契約に変更して
5Gにトライしてみた!


 続きは「Galaxy S20 5G 実機レビュー = 5Gはもちろん速度もカメラも最先端だった」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1294(2020年8月4日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1293(2020年7月28日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2020August

  • 週刊アスキー No.1292(2020年7月21日発行)

  • 週刊アスキー No.1291(2020年7月14日発行)

  • 週刊アスキー No.1290(2020年7月7日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事