このページの本文へ

住空間×働き方をテーマに生まれたアイデア

テレワーク用スペース付きリノベマンション、リコーとコスモスイニシア

2020年04月03日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テレワークのためのスペース「コモリワーク」「ドマワーク」を設置したリノベーションマンションが完成

 リコーと大和ハウスグループのコスモスイニシアは、テレワークのためのスペース「コモリワーク」「ドマワーク」を設置したリノベーションマンションが3月に完成したと発表した。

住空間×働き方をテーマとした価値創出プロジェクトから生まれたコンセプト

 両社は住空間×働き方をテーマとしたインタビューやワークショップを実施。その中で働き方改革をきっかけとして発案されたアイデアの中から、コモリワークとドマワークの2つのアイデアが生まれた。

コモリワーク

 コモリワークは、「家の中にこもれる空間がある」をコンセプトとし、リビング・ダイニングにつながる洋室に、家族と程よい距離感を保ちながら、集中して机に向かえるように設けられたスペース。

 また、超至近投影が可能なリコーの超短焦点プロジェクター(別売り)を設置することで、ガラスの両面に映像を映し出せる。「仕事」の場面では机の前にビデオ会議やオフィスのライブ映像を映したりできる一方で、「プライベート」では洋室側から映画などを投映するなどの使い分けができる。

 コモリワーク内は横になることができる広さ(およそ0.8畳)で、下部は収納スペースになる。家族との連続性を確保しながら、ひとりで思考するスペースを設けることで、自宅で創造的な仕事を生みだすことを目指したという。

ドマワーク

 ドマワーク は、「家の中に外がある」をコンセプトに、玄関と一体となる土間のような空間を設け、住まいの中の仕事場として設置。リビングの扉を境に床の素材を切り変えることで「住まい」と「仕事場」の境界を演出する。

 一方で、キッチンの間に窓を設け、「住まい」とも緩やかなつながりを持たせることで、仕事以外の空気を感じて気分転換もできるという。ドマワークに設置した「リコー インタラクティブホワイトボード(電子黒板)」(別売り)は、ディスプレーに直接文字を書き込んだり、遠隔地と画面をリアルタイムに共有できる。

 コモリワークは「エド・コモン西早稲田」、ドマワークは「晴海アイランドトリトンスクエアビュータワー1号棟」にそれぞれ採用されている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ