このページの本文へ

休校せざるを得なくなった教育機関に向けても各種サポートを開始

マイクロソフト、テレワーク支援のための無料相談窓口を開設

2020年03月09日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは3月9日、オフィスや学校のリモートワークを支援する無料の「セキュア リモートワーク相談窓口」を開設した。

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響によってオフィスや学校での活動を休止しながらもビジネスや教育活動の継続に取り組んでいる企業や教育機関を支援するための窓口。リモートワークの慣習が無かった企業・組織や、休校対策に悩む教育機関のユーザーに向けて、ウェブサイトや電話窓口で安心・安全なICT環境でリモートワークを実現するための情報や、すぐに利用できるクラウドサービスなどの情報を提供する。

 リモートワークを支えるMicrosoft Teamsのセットアップガイドや利用方法に関するコンテンツ、オンラインイベント実施マニュアルのダウンロードなどの提供するほか、社外からの安全なデスクトップへのアクセス、機密情報保護の仕組みに関する情報提供などを行なう。また、教育機関の教職員向けのオンラインコンテンツの提供も実施。

 また、企業および教育機関の円滑なリモートワークを支援するため、Office 365やMicrosoft Teamsオンサイトトレーニングの無償提供、Microsoft Teams Live Eventサービスや配信用機材としてのSurface無償貸出などが用意される。実施数に限りがあるものもあり、詳細は窓口サイトを参照のこと。

電話窓口:0120-167-400(月曜~金曜:9時~17時30分)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン