このページの本文へ

25歳以下が対象、50GBを上限

ドコモ、学生のデータ追加を無償化でオンライン授業支援

2020年04月03日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NTTドコモが「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」を実施

 NTTドコモは4月3日、全国の学校において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的に遠隔授業やオンライン学習を実施している状況を踏まえ、学生の通信環境を確保するため、「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」を実施すると発表した。

 本支援は、2020年4月1日時点の契約者または利用者の年齢が25歳以下かつ、対象プランを契約しているユーザーを対象に、2020年4月および5月利用分の「スピードモード」「1GB追加オプション」を、50GBを上限に無償化するもの。実施期間は5月31日まで。

 スピードモード、1GB追加オプションは、当月の利用可能データ量を超えた後も、1GBあたり1000円(税別)の追加料金でデータ通信を利用できるサービス。通信速度の制限前・制限後いずれからでも申し込み可能。

 本支援を通じて、自宅にWi-Fi環境のないユーザーも、データの追加購入による利用料金を気にすることなく、遠隔授業やオンライン学習を利用できるという。

 本支援に対する申し込みは不用で、適用条件を満たしたユーザーは自動適用となる。なお、契約者名義とは別に、対象である利用者を契約者が指定し、登録する必要がある。登録時には利用者の健康保険証や住民基本台帳カードなどの書類(コピー可)が必要となる。シェアグループ子回線から申し込む場合は、事前に代表回線から「1GB追加みんなで申込オプション」の申し込みが必要。

支援措置詳細

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン