このページの本文へ

「watchOS 6.2」がリリース

Apple Watchアプリがアプリ内課金に対応

2020年03月25日 19時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは3月25日、Apple Watch向けの最新システムソフトウェア「watchOS 6.2」を配信開始した。

 watchOS 6.2では、Apple Watchアプリがアプリ内課金に対応したほか、Wi-FiからBluetooth接続に切り替えると音楽の再生が一時停止する問題が修正された。

 また心電図(ECG)アプリと不規則な心拍数の通知機能がチリ、ニュージーランド、トルコで使用可能になった。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中