このページの本文へ

DXR 1.1はMicrosoftと共同開発

NVIDIAがDirectX 12 Ultimateを紹介、Xbox Series XとWindows 10 PCのAPIが共通化

2020年03月20日 02時00分更新

文● ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAは開催中止となった「GDC 2020」で発表を予定していた情報の一部を公開した。今回発表されたのはMicrosoftがWindows 10の次期グラフィックスAPIとして提供する予定の「DirectX 12 Ultimate」だ。こちらはPCと「Xbox Series X」といった次世代コンソールゲーム機で共通するクロスプラットフォームなAPIとなる。

 DirectX 12 Ultimateでは、Windows 10 Insider Preview(Windows 10 20H1)で導入されたDXR 1.1、メッシュシェーダー、サンプラーフィードバックに正式対応する形になる。DXR 1.1はNVIDIAがMicrosoftと共同開発しており、PSO(Pipeline State Object)の機能追加、ExecuteIndirectのサポートで効率性を上げ、インラインレイトレーシングのサポートで柔軟性を向上している。

 一般向けのWindows 10に盛り込まれる時期は未定だが、GeForce RTXならDirectX 12 Ultimateの機能をすべてサポートしているので、ビデオカードの買い替えで迷っているユーザーは将来的なアップデートに備え、Turing世代のRTX 20シリーズに目を向けておくのが吉だろう。

Minecraftのレイトレーシング版を背景に使ったスライドで、DXR 1.1はMicrosoftとNVIDIAが共同開発している点をアピール

可変レートシェーディング(Variable Rate Shading=VRS)はすでにWindows 10 May 2019 UpdateにてDirectX 12に加わっているが改めて訴求していた

メッシュシェーダーは距離に応じたポリゴンの切り替えに関連するLoD(Level of Detail)を効率良く実装するための新シェーダー

サンプラーフィードバック(Sampler Feedback)はゲームのフィードバックマップを生成し、実際には必要のない計算部分を回避するなどして、描画負荷を下げる機能になる

 なお、DirectX 12 Ultimateは本日からWIP(Work In Progress)版が開発者向けに公開され、GeForce RTXを持っている方はすぐに開発を始められるとのこと。今後のゲーム開発に期待が高まる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中