このページの本文へ

底知れぬコロナ相場、各国中銀の施策にも金や米国債すら価格下落

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パウエル議長率いるFRBは、ゼロ金利政策と量的緩和政策に踏み切ったが、株安など市場の混乱は収まらない Photo:REUTERS/AFLO

FRB(米連邦準備制度理事会)がゼロ金利政策と量的緩和政策を復活させるなど、主要国の中央銀行や政府はなりふり構わぬ行動に出ている。現金確保の動きに見られる、新型コロナウイルス感染拡大による信用収縮懸念を払拭し、市場の混乱を収めるためだ。しかし、景気の底がつかめない市場の反応は鈍い。(ダイヤモンド編集部 竹田孝洋)

「金融環境も著しく引き締まった。信用コストは上がった」と、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は、3月15日のFOMC(米連邦公開市場委員会)後の記者会見で語った。新型コロナウイルス感染拡大による世界経済後退懸念に揺れる金融市場は、資金繰りの悪化、信用収縮に陥りかねない状況にある。その危機感がFRBを大幅な金融緩和策導入へと動かした。

 FRBは3月17、18日に予定されていたFOMC開催を3月15日に前倒しし、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標を1.00~1.25%から1%引き下げ、0~0.25%とし、実質ゼロ金利にした。

 加えて、国債を5000億ドル、MBS(住宅ローン担保証券)を2000億ドル買い入れることを決定し、量的緩和を再開した。16日には、企業が短期資金を調達するために発行するCP(コマーシャルペーパー)を買い入れる緊急措置を発表した。CP購入の枠組み導入は2008年のリーマンショック以来である。

 先行きが不透明になり、リスクが大きくなると、投資家はまず株式や原油などのリスクの高い商品を売り、国債などに代表されるリスクの低い商品を買う。この状態であれば、まだ金融危機ではない。

低リスク商品も売り
現金確保に走る投資家・企業

 リスクがさらに大きくなると、リスクの低い商品でさえ売って、現金を確保しようとする。この動きが加速し始めると、資金の出し手がいなくなり、マネーが循環しなくなる。信用収縮が止まらなくなり、金融危機に陥ることになる。

 15日のFOMC以前の段階で、すでに信用収縮につながる動きが市場に出ていた。コロナショックによるリスクオフ(投資家がリスクの高い資産への投資を控える状態)に拍車が掛かる中で、通常であればマネーが向かう商品にマネーが流れなくなっていた。

 その代表が金だ。金は原油など他の商品と違って、市場でリスクが高まると資金が流入する商品。にもかかわらず、リスクオフの高まりで株価が乱高下する中、金価格は3月10日から16日まで5営業日連続で下落した。投資家は、金を売ってまでも手持ちの現金を確保しようとしたのだ。

 米国債も金同様、通常はリスクが高まるとマネーが逃避してくる商品。上のグラフに見るように、その利回りは9日に底を付けた後、上昇傾向(価格は下落)にある。ここでも安全資産である国債を売って現金を手にする動きが見られた。

 米国における、償還までの期間が90日のCPの利回りから、同期間の短期国債利回りを引いた格差は、2月中旬まではゼロ近辺だったが、現時点では1%前後にまで拡大している。これは、CPへの資金の出し手が減り、資金確保に走る企業にお金が回っていない証左である。それ故、FRBはCP買い入れを復活させた。

 現金を確保する上で最も需要な通貨は、やはり基軸通貨であるドルだ。ドルの需要が高まったことで、リスクオフ時には円高方向に振れる円の対ドルレートは逆に円安方向に振れていった(下図参照)。16日にFRB、日本銀行など主要国の6中央銀行がドル供給の枠組みを拡大したのは、こうしたドル資金需要に応じるためだ。

 中銀がなりふり構わず緩和手段を講じる中、当局による大型の財政政策も動き始めた。17日にトランプ政権は、現金給付を含む1兆ドルに上る景気刺激策を提案した。

 しかし、こうした政策発動が効果を上げているとは言い難い。依然、市場の反応は鈍い。

 FRBのゼロ金利政策、量的緩和政策発動を受けた16日、日経平均株価は429円安、ニューヨークダウに至っては2997ドル安と史上最大の下げ幅を記録した。

 トランプ政権の景気刺激策が表明された17日に、ニューヨークダウは1048ドル高と反発したが、前日の下げ幅の3分の1ほど値を戻しただけである。18日午後の先物の時間外取引の価格は、17日の現物の終値より1000ドル前後低い水準で推移している。日経平均株価は284円安となった。

 金融政策による資金繰り支援、財政発動による景気刺激策の効果はある。しかし、やはり新型コロナウイルス感染のピークが見えてこない限り、市場は景気の底がつかめない。低迷が続く原油価格がそれを象徴している。不透明さが残る限り、市場の不安定な動きは続くだろう。

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ