AMD Ryzen 9 3950Xなど搭載のデスクトップPC3モデルがFRONTIERから

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは3月13日、第3世代AMD Ryzenプロセッサーを搭載するデスクトップPC「GGシリーズ」の販売を開始した。販売はFRONTIERダイレクトストアにて。

 ラインナップは、AMD Ryzen 9 3950X搭載モデル、AMD Ryzen 9 3900X搭載モデル、AMD Ryzen 7 3700X搭載モデルの3機種。いずれもチップセットにX570、OSにWindows 10 Home 64bitを搭載する。

 ケースはCorsair製275Rケースを採用。最大6基のケースファンの取り付けに対応するほか、フロントには最大360mmサイズの水冷ラジエーターが搭載可能で、熱源となるCPUやビデオカードなどのパーツにダイレクトなエアフローを構築できるとのこと。

 また、370mmの拡張カード搭載スペースを確保するほか、最大180mmまでの電源ユニットを搭載できるなど、拡張性にも優れるとする。

 マザーボードはASRock製の「X570 Pro4」を搭載。PCI Express 4.0 M.2を2基備えるほか、熱暴走を防ぐためのフルカバーM.2ヒートシンクを装備。インターフェースは、USB 3.2 Gen2×1、USB Type-C(USB 3.2 Gen2)×1、USB3.2 Gen1×6を装備する。

 AMD Ryzen 9 3950X搭載モデルの主なスペックは、グラフィックスがGeForce RTX 2070 SUPER、メモリーが32GB、ストレージが1TB SSD+2TB HDD、電源が1000W 80PLUS GOLD、CPUクーラーが水冷式。価格は29万1280円。

 AMD Ryzen 9 3900X搭載モデルは、グラフィックスがGeForce RTX 2070 SUPER、メモリーが16GB、ストレージが1TB SSD+2TB HDD、電源が850W 80PLUS GOLD、CPUクーラーが空冷式といった構成。価格は、21万9780円。

 AMD Ryzen 7 3700X搭載モデルは、グラフィックスがGeForce RTX 2060 SUPER、メモリーが16GB、ストレージが512GB SSD+1TB HDD、電源が850W 80PLUS GOLD、CPUクーラーが空冷式。価格は18万1280円。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月