このページの本文へ

ヤマダ+U-NEXTが格安SIMの新サービス「y.u mobile」 2万2500円分のキャッシュバックも

2020年03月12日 16時35分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマダ電機とUSEN-NEXT HOLDINGSが共同設立したY.U-mobileは、ドコモMVNOの格安モバイルサービス「y.u mobile」の提供を開始した。同社は「ヤマダ ニューモバイル」の名称でサービスを展開していたが、シンプルでわかりやすいプランをアピールポイントとして、新たなブランドでのサービス展開となる。

ヤマダ電機とU-NEXTの合弁企業から、新たな格安SIMが登場

1人用は3GBのプランが1つで月1690円
オプションは通話定額のみで端末補償は無料で提供

 y.u mobileのプランは1人用の「シングルプラン」と、最大4人で通信量を分け合える「シェアプラン」の2択。

プランは2つだけ。特に1人用は1つだけなので迷いようがない

 シングルプランは3GBの通信量で、月1690円(以下、すべて税抜)。もしこれ以上使いたい場合は、1GB300円の追加チャージというわかりやすさとなっている。この追加分の通信量は「永久不滅ギガ」として、有効期限を設けないことで無駄にならない点を売りにする。

 一方のシェアプランは20GBで月5990円。ここから音声SIM(+月790円)やデータSIM(+月300円)を合計4枚まで追加できる。さらにシェアプランには14万本の動画や70誌の雑誌が楽しめるU-NEXTの「月額プラン」(月1990円)が含まれている。

 追加オプションを徹底的に無くしたのも大きな特長。用意されるのは通話定額のみで、1回10分まで定額の「10分かけ放題」が月850円、時間制限がない「無制限かけ放題」が月2700円。さらにキャリアにとっての新たな収入源として採用例が広がっている「端末補償」については、ユーザー負担0円で提供。発売から5年以内、または音声SIM契約時に購入から1年以内の端末が対象で、年2回、合計年3万円までの故障や破損を原因としたスマホの修理費用が支払われる。

多くのサービスでオプションで提供されている端末補償のオプションは、y.u mobileでは0円

 サービス開始を記念して、6月30日までのに申し込んだユーザーに対しては、「22,500円キャッシュバックキャンペーン」を実施。これは利用開始から13ヵ月以上利用し続けたユーザーを対象に、2万2500円をキャッシュバックするというものだ。シングルプランのユーザーであれば、1年分の基本料に相当するとアピールされている。

1年以上使い続けることでキャッシュバックも提供

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン