このページの本文へ

人工知能は特許法の 「発明者」になれるのか?

2020年03月11日 13時28分更新

文● Angela Chen

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人工知能(AI)システムを発明者とする特許出願が英国および欧州の特許庁によって却下された。代理人を務めるサリー大学の研究者は、AIを発明者として認めないことは道徳的に問題があるだけでなく、AIによるイノベーションを阻害する可能性があると主張している。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ