このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第10回

hip-dac、Conductor 3X、Inva

ポタ研 2020冬で見つけた、筆者注目のヘッドホンアンプ3選

2020年02月17日 13時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

薄型で高音質なhip-dacの発売が待ち遠しい

 この連載でもすでにレポートしたが、iFi-Audioの新型DAC内蔵型ポータブルアンプである「hip-dac」をトップウイングが展示していた。実際にかなり小さく薄いモデルで、そのわりにはかなり音質は高いと感じられた。また音楽の抑揚をよく表現して聴いていて楽しく感じられる。ここではジョン・カールも参加したというチューニングが生きているかもしれない。Bluetooth機能がないのが残念だが、有線で良い音にこだわりたい人に良いだろう。

透明感と明瞭感あるサウンドが魅力のConductor 3X

 アユートはBurson Audioの新型のヘッドフォンアンプ「Burson Conductor 3x」を展示した。DAC ICに高性能の「ES9038」を採用し、Bluetooth入力もある。価格は約20万円程度だという。Burson Audioはシンプルな回路設計で高い透明感を実現しているブランドだ。音質はそうしたBurson Audioらしいとても高い透明感が印象的で、楽器やヴォーカルの明瞭感が高く感じられた。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン