このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

クラウド技術を活用、食べ終わったら自動で掃除、どの席でもラーメンタイマーが稼働

お腹もスマホも「同時にチャージ」、エースコックの無人ラーメン店が渋谷駅に

2020年02月13日 09時00分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2月14日にオープンするモッチッチステーション

バレンタインはラーメンだ!!

 エースコックの「モッチッチステーション」が、2020年2月14日~28日までの期間限定で、JR渋谷駅の山手線ホーム(外周り、恵比寿寄り)にオープンする。日本初のエキナカ無人ラーメンショップとなる。営業時間は、午前11時から午後8時。2020年2月28日までの平日および24日(祝振替)の11日間。土日は営業しない。

ラーメンモッチッチの「ワンタン麺」および「野菜タンメン」が入った専用棚

 キャッシュレス決済で「ラーメンモッチッチ ワンタン麺」および「ラーメンモッチッチ 野菜タンメン」を販売。店内で食べることもできる。価格は、店内飲食の場合は1個212円。持ち帰り2個セットは416円だ。

ラーメンモッチッチワンタン麺とラーメンモッチッチ野菜タンメン

 来店者には、エースコックのキャラクターである「こぶた」がデザインされたコルクコースター「こフタ」をプレゼントする。「こフタ」は、カップめんの蓋をおさえるウエイトとしても使用できる。

購入者にプレゼントされるコルクコースター「こフタ」

 無人店舗の運営には、日本マイクロソフトのMicrosoft Azureベースを活用した「Smart Store」ソリューションを活用。アイロボットの「ブラーバジェットm6」が、飲食後のテーブルを自動で拭き清掃する。また、イシダの計量ソリューションを活用し、計量をもとに決済したり、同社の「熱湯5分」タイマーシステムも利用して、食べごろを知らせる。

モッチッチステーションの内部

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ